« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の記事

2018年7月29日 (日)

7月28日(土曜日) 増井さん!

◆おめでとうございます。

10日ほど前になりますが、クラブ員の増井さんがご結婚されました。
けいぶんさんから画像をいただきましたのでご紹介させていただきます。

クラブ員のけいぶんです。
同じJMGCメンバーの増井さんの結婚式に出席させて頂きました。

P1060830_r

大利根メンバーからは、小池教官、ガスター石川、二代目村田さん、けいぶんの4名が出席しました。
P1070008_r

二次会でガスターが大荒れしていたのは内緒です。
P1070006_r_2
ガスターも幸せ探して頑張っているんですね(笑)

増井さん、おめでとうございます。
末永くお幸せに!

(編集・垣内)

|

2018年7月28日 (土)

7月28日(土曜日) 台風12号

◆現在の大利根

中澤です。
どっぷり居座った高気圧が割れた途端、抜け目なくその間を通って12号が来ますね。
昨日から横目で台風情報を見ながら、台風避難準備をしています。

1台もいなくなったトレーラーヤード
72701

1機も居ません
727002

東風の予想で、木の陰に身を寄せるモーターグライダー
727003

◆7月26日

さて、遡ること数日前。いよいよ大夫不可避となり、台風準備を開始しました。
が、せっかくの好天、ヘッドウインド070/5ktの絶好の試験飛行向けの天気でした。

早速、グライダー班にLS3とジュニアの組み立てを指示、小池さんにパイロットをお願いしました。
Image1
Image2
曳航は「栄光のもとおねーさん」直美さんにお願いしました。

試験飛行の後、台風避難準備を開始。
分解しにくい、タンデムファルケとASK13を分解、格納しました。
Th_th_th_img_5272

こちらは訓練で飛ぶ石川さんです。
Th_th_th_img_5273


◆7月27日

朝から飛行場に出してあるトレーラーを第4工場へ移動。
小林さんと、中澤さんはトレーラーを動かすたびに、抜け目なくトレーラー周りの刈り残した草を刈っていました。
台風12号はますます左旋回を続ける予想になっています。
09AW、IS28、セスナの3機を残して、全ての機体を格納しました。
(なんだかバタバタしていて写真がありません。ゴメン。)

◆西尾帰還

西尾は月曜日、23日に無事帰って来たのですが、帰ってくる早々、耐空検査だ、台風だと高度計の準備ができません。
しかし、ドイツへ行く前にリクエストしたハードワッックスはしっかり、2種類、3本づつ持って帰って来ました。

21日のシュパイヤー博物館の帰りは雨が降って来て、バッグの車輪が壊れ、6つもハードワックスを持ち、泣きながら駅まで40分も歩いたとのことです。
お昼から7時までシュパイヤー博物館に居たとのことです。

これが持ってきたハードワックです。
Image3


(写真、文・中澤 愛一郎)

|

2018年7月25日 (水)

7月22日(日曜日) その2

◆暑いです(わかってるって・・・)

全国的に猛暑です。
暑すぎて飛んでる場合じゃありません。
それでも、皆さんヒーヒー言いながら飛んでいます。

あまりに暑いので整備作業を早朝にやっつけようと、始業前から早出で頑張る大曽根さん。
Th_th_th_img_5226


こちらは技量維持を兼ねて、涼しい上空へ避暑に行こう!と新潟往復の台木さん。
ご一緒の長屋さんからレポートいただきました。 

長屋です。
最近長距離を飛ばれる台木さん。

Img_5249
大利根離陸は35℃、9500ftは15℃、ほぼ教科書通りでした!
寒いくらいで、実に贅沢でした。

Img_5250

セスナで力一杯上がっても、はるか上空に飛行機雲発見。
Img_5251
夏の景色ですね。

   
一方、最近あちこち「空のお散歩」に余念のない尾島さん。
今日は千葉の先端、野島崎・館山を目指します。
館山上空にて。
Th_th_th_img_5233

クラブハウスもすでに暑く、外に日除けを出して涼んでいます。
Th_th_th_th_img_5235

   なお、最近大利根でにわかに流行の「午後からグライダークラブ」ですが・・
本日はついに一番機の発航は16時と相成りました。
つまり、本邦初?の「夕方グライダークラブ」です。

いや、冗談抜きで・・・本当に暑かったです!

(編集・垣内)

|

2018年7月24日 (火)

7月22日(日曜日) 

◆初めてのお使い続編

中澤です。
ウインター社の計器の調整に関する訓練を終えた西尾は、金曜日から日曜日の夕方、つまりフランクフルトからの帰り便に乗るまでの間は自由行動でした。
はじめのシェンプヒルト社見学はだけは私が日本からコントロールしましたが、その後の見学コースは西尾が自分でアレンジしました。

さて、私(中澤)は21日に霧ヶ峰での予定が入っていました。
電車で動くつもりでしたが、直前に富士川へ行く用事ができたため、車で行く事にしました。

八王子から中央道に入り、談合坂で一休み。
何の気なしにiPadを覗くと、事件が始まっていました。

シェンプヒルトの見学が終わった西尾は電車を乗り継いでブルッフザールに13:26につく事になっていて、AndreにピックアップしてもらいDG社へ行く事になっていました。
しかし、Andreからのメールが入っていました。

Dear Aiichiro,

Reaching at Bruchsal will be 13:32, he said.
(編者注:これは愛さんがあらかじめ連絡ずみ)

I have a meeting at 14:00 which I can not postpone.

So I could pick him up at the train station, however I'd need to bring him to the Hotel Ritter or to DG at that time as I can not stay with him.

Maybe he can extend his stay at Schempp-Hirth and take a lunch, there?
I will be free for the day at about 15:30 or 16:00 hours.

-- mfg,

Andre

どうやらAndreに何か急用が入った様子です。
とりあえず、DG社でしょっちゅう連絡を取っている気の良いサマンサねーさんに電話して、事情を伝えました。

「JMGCの社員が13:30ごろにブルッフザールに着く。タクシーでそちらに行かせるけど、アテンドして欲しい」

すると、サマンサねーさんは即答でOKしてくれました。

西尾に電話で、ちょっとAndreの予定が変わったので自分でDG社に行くように伝えました。
こんな電話やらメールやらで、結局談合坂には小一時間いました。

よしゃいいのに、ここでもう一捻りする愛ちゃん。
早速、DG社のすぐそばにある修理会社、G+K社に電話して、西尾の訪問を電話し、ついでにサマンサねーさんに西尾が行ったら、ついでにG+K社にも行くように、と伝言を頼みました。

西尾からは、
G+KはJMGCに凄い近い感じでした。社長ともそんな話をしました。」
との連絡が入りました。

製造会社と修理会社では雰囲気がまるで異なります。製造会社の作業員は、決められた通りの作業を忠実にこなしています。
修理会社の人たちはみんなグライダーが好きな連中ばっかりです。

さて、おかげさまで西尾は無事に帰ってきました。
肝心のウインターでの訓練風景は、後日追って掲載予定です。

(文・中澤 愛一郎)



|

2018年7月22日 (日)

7月20日(金曜)

◆西尾・初めてのお使い

南ドイツの小さな小さな町、ユンギンゲンにあるウインター社に高度計の点検のトレーニングに行っている西尾の日程も後半に入って来ました。

ドイツに行く前に、

金曜日から日曜日の飛行機に乗る19時までは君のフリータイムだよ。
車で1時間ぐらいのところに、シェンプヒルトが有るので、ぜひ行っておいで。
ウインターにいる間にどうやって行くのか、誰かに言ってごらん。

と言い、シェンプヒルトには「こんな奴が行くのでよろしく」と連絡をしました。
西尾からの連絡によると、現地時間の木曜日夕方には、シェンプヒルトのある街にホテルをとり、ついでにウインター社の誰かがホテルまで送ってくれるとのこと。
けっこう、ちゃっかりです。

西尾からの最新の連絡は、

(19日に泊まるホテルはシェンプヒルトの)すぐ近くなので、9時に行こうと思います。
午後にアンドレさんにブルッフザールで会ってDGに連れていってくれると言っていました。

いろいろ心配しましたが、結構しっかり行動しています。

(文・中澤 愛一郎)



|

2018年7月18日 (水)

7月16日(月曜日)週末ダイジェスト

◆しかし暑い!

暑い夏に暑いと言っても始まりませんが、殺人的に暑いです。
こんなカッコで飛んでます。砂漠の方が全身を覆っている気持ちがわかります。
Th_th_img_5175

尾島さんはまた東京遊覧。今回は新宿と池袋を訪問です。
着々と経験を積みつつあります。
Th_th_img_5180

こちらはガスター石川氏。
ずいぶんとご無沙汰してしまったファルケと仲良くなりたい!と言うことで、技量維持フライトからの再チェックアウトを目指します。
第1ラウンド。
Th_th_img_5190

暑さのせいか、いまいち実力発揮ならず。
お茶を飲んで出直します。
Th_th_img_5197

G109で自信を取り戻した後、ファルケで本日2回目の出撃。
Th_th_img_5199

夕方にはセフティから一人で飛んでもいいよ、って言われたのに・・・
「いや、まだ私には何かが足りない気がします。もっと精進します!」
とのこと。

グライダーも飛んでます。
中澤さん、大久保さん、宮原さんが暑さもものとせず訓練中。
Th_th_img_5207

ISの染谷さんも飛んでます。
Th_th_img_5217
エンジン止めて、窓を全開にして飛ぶのがお気に入りです。

今日は、その染谷さんのお嬢様(後席)が大利根へご来場。
Th_th_img_5212
徳生さんと筑波山へ遊びに行きました。

三浦さんもご自身の機体でフライト。
徳生さん、今度は後席で楽しそう。
Th_th_img_5220

今週もこの地獄のような暑さのなか、いろんな方がフライトされました。
皆様水分補給はしっかり、よろしくお願いしますね。


(編集・垣内)


|

2018年7月17日 (火)

7月14日(土曜日)はじめてのおつかい

◆「緊急事態発生」西尾の運命はいかに。

中澤です。
既報の通り、高度計の調整を習得するために秋永が海外初経験の西尾を連れてドイツへ出張する予定がありました。
しかし、さる7月10日、スリランカ出張から帰った秋永から、「どうも、腰の具合が悪い。西尾を連れてドイツへ行けるかどうか?」という話がありました。
今を逃すと10月か11月か・・でも点検を必要とする計器は溜まる一方。

考えた挙げ句、結局は

愛:「いくらなんでも、最初っから一人でいけって言うわけにも行かないよね。今回は残念だけど、延期しようか」

と言うことになりました。

  7月11日、私は妻沼にグライダーを取りに行っていました。
すると、ふいに秋永からの電話が。
「もし、現地のアンドレが西尾のアテンドをしてくれれば、彼だけで行かれないかな?」

早速、 アンドレに電話。こう言う時のアンドレの反応は素早いです。
「ギリシャのグライダーの耐空検査があるけど、たぶん、調整できると思うよ」との事。

さて、あとは西尾次第。

愛 :「秋永は身体の具合が悪く、ドイツへ行かれなくなった。アンドレが君をピックアップして、ウインター社へ送りこむけど、後は君一人で切り抜けなければならない。それでも行くかい?」

西尾:「行きたいです。行かせてください!」

即答でした。
という訳で、西尾の「初めてのおつかい・ドイツ編」が始まります。
皆さん、応援してくださいね。

こんなドタバタの一方、着々と出来あがりつつある計器の整備室です。
将来有望な若い主が、技術を習得してドイツから帰ってくるのを待っています。

Image1

 

◆速報

7/16、いよいよ西尾がドイツへ旅立ちました。
初めてのドイツ研修の割に、上司は誰も付いていかない、いきなり最初っからのソロです。
マー最初に秋永がアテンドする予定だったので、成田空港までは送りました。
Photo
『ガンバレ、西尾!』

明けて7/17、現地の西尾から報告が入りはじめました。

その1
「フランクフルトで無事アンドレさんに会えました。」
その2
「街と風景が凄くきれいですね。ホテルに着いて、アンドレさんと夕食を食べました。明日からwinterに行ってきます。」

◆オマケ

相変わらず、初めてのお使いの割には、あれやれ、これやれと要求の多い愛ちゃんです。
ハードワックスの在庫が少なくなったので、10個ほど担いで帰ってくるように言いました。
Image2

初めてのドイツで、最後の一日だけで探せるのか?
乞う、ご期待。



(写真、文・中澤 愛一郎)

|

2018年7月12日 (木)

7月6日(日曜日)その2

◆午後からグライダークラブ

アンニュイな午後に、クラブハウスでお茶を挽いていた某JMGCの教官達の会話です。

某主任教官 「今日、グライダー搭乗希望の大久保さんと中澤さんがいらっしゃいます。」
A教官 「連日の悪天でグライダーが組まれていないので、今日は無理でしょう!ZZZ。。。」
B教官 「そりゃ、気の毒でしょう!わざわざ大利根まで足を運んで、グライダーないんじゃねー」
某主任教官 「それじゃあ、飯食ってからASK13を組みますか。。。」
A、B教官 「誰が組むの?」
某主任教官 「整備メンバーは忙しいので。。。どうしましょう⁉️」

という事で、クラブハウスにいたおぢさん7人(+元おネエさん)で組む事になりました。。。

Th_th_th_img_5144

この道40年のベテラン、市川さんとなおみさん。
Th_th_th_img_5149

ASK13を滑走路に運び出したのが、炎天下の正午過ぎ(笑)、本日1発目のフライトがなんと午後2時です。
呆れました・・・
普通、グライダーって早朝に集合して、夕方に解散するようなクラブが多いのでは❓

更に、何と滑走路でおやつ休憩。。。
おぢさんパワー全開でしゅ。。。呆れます。。。
Img_2861_2

忘れ物。。。アホくさ!
Img_2862

中澤さんが飛びます‼️
Img_2863

こちらは、大久保さん‼️
Img_2875

そんな中、ハスキーに見入るギャラリー。
あれっ⁉️ 某主任教官が地上にいます。一体誰が操縦してんの❓
Th_img_2876

高橋さんが操縦してました。
Th_img_2878
何をやってもサマになるダンぢぃーな飛行機の教官です。



(写真、文、小池さん)

|

2018年7月11日 (水)

7月6日 (日曜日)

◆木村協会長ご来場

中澤です。
私が今の車、フォードピックアップにするきっかけになった、北の尊師、故大友さんが乗っていたピックアップで、木村会長が宮城県航空協会の機体の打ち合わせに大利根飛行場に来られました。
Dsc09788

(写真・文 中澤 愛一郎)

|

2018年7月 8日 (日)

7月6日(金曜日) 天空橋近況

◆シミュレータ訓練

クラブ員垣内です。
スタッフの佐々木さんが、技量維持訓練のため羽田の「航空振興財団」にあるビーチB-200のシミュレータで訓練をするというので、文字通り「お邪魔」してきました。
Img_5103

フルモーション。立派。
Th_img_5105

中もさすがです。超立派。
Th_img_5108

iPadを見ながらIFR中の佐々木操縦士。
Th_img_5113

天候や状況を変えながら、シングルエンジンでのアプローチやTGLなどを次々こなしてゆく佐々木操縦士。
Th_img_5109

RJSSのファイナルです。
Th_img_5112

なお私はお手伝いの予定でしたが、びっくりするほど役にたたなかったので(爆笑)マニア活動にいそしみました。
あらゆるスイッチをイジり倒して遊んだ結果、フラップがおろせるようになりました。
Th_img_5125

夜の滑走路です。
Th_img_5126

とにかくモーションのリアルさ、ビジュアルの凄さには圧倒されました。
日中の景色こそパソコンのフライトシミュレータと大きく変わりませんでしたが、夜景、雲中や地面でのライトの反射具合など仰天のクオリティです。
接地の感覚を始めモーションも素晴らしいの一言。
実機を飛ばさなくても十分訓練になるのがよくわかりました。

無事に技量維持ができた佐々木操縦士。
Th_img_5132

お疲れ様でした!

(写真、文 垣内)



|

2018年7月 7日 (土)

7月5日(木曜日)工場より

◆スリランカより

日本より過ごし易いとの事ですが、ディーゼルエンジンのご機嫌は斜めだそうです。
秋永と大曽根は奮闘しています。
Image1
Image2
Image3

◆第2工場

秋永と大曾根の居ない間に、と言う訳ではありませんが、第2工場に計器の点検のための部屋を作ることにしました。
ハンググライダーをやっている大工さんがピッツの横で楽しげに作業しています。
西尾がドイツから帰ってきたら、なるべく早く、高度計の点検ができるようにします。

001

<おまけ>
これは何でしょう?
002


◆第3工場

第3工場ではパイパースーパーカブの羽布張りが進行中です。
胴体の作業は終了しました。
004
005

第3工場の一角では、見慣れない作業が行われています。
003


(写真、文 中澤 愛一郎) 


|

2018年7月 4日 (水)

7月2日(日曜日)

◆芝刈りは続く

今日も風の強い週末です。
巷では、連日サッカーのワールドカップの話題でもちきりでした。
しかしそんな各国の熱戦を(というかグランドを)、熱く見守っていた方がいました。
Th_img_5076
英さんです。その結果をご覧ください!!
Th_img_5087
すごい!芝目が見事っ!

尾島さんがG109で東京遊覧に出ました。
スカイツリーを回ってフライト中の尾島機長。
Th_img_5079

着陸後つかの間の休息で戯れるお二人。
Th_img_5093
実は同い年の尾島さんと小池さんです。

小池さん「尾島さーん、ちょっとは痩せたら??」
尾島さん「いやいや(イジられて嬉しそう)」
小池さん「ほらー、なんか汁でてるじゃん汁!!」
尾島さん「いやいやいやいや(さらに嬉しそう)」


◆クジラを探して?

鈴木けいぶんです。
暑いので、モグラのエンジンをとめて涼しい所まで登ってきました。
Img_5101

夏ですね!
Img_5100

自分のフライトの後は、五十嵐機長が東京湾ホエールウォッチングに行くと言うので同
乗させて頂きました。
Img_5099
Img_5098



◆動画で近況

けいぶんさんから、動画の投稿をいただきました。
今日の大利根の様子です。

※BGM付きなので、音が出ます!



※もちろん各種申請、許可については手続き完了済みです。

(編集・垣内)

|

2018年7月 3日 (火)

6月30日(土曜日)

◆まさかの梅雨明け

なんど観測史上最速、6月なのに梅雨明けした関東地方。
大利根に今年も夏がやってきました。
Th_img_5059_2

でも鳥たちの季節はまだ終わりません。
あちこちの動翼付近から、今日もたくさんの巣を撤去します。
Th_img_5058_2

ドサクサで卵を5個ほど割ってしまいました。鳥さんごめんね。

天気は良いのですが、強風で誰も飛んでいません。
そんな中、秋葉さんが約半年ぶりのフライト、高橋教官とTGLです。
Th_img_5066_2

夏の空はどこまでも青く・・・
Th_img_5064
でも、前席のお二人は風と格闘中。

Th_img_5060

終了後も熱いブリーフィングが続きます。

Th_img_5067

一方、この強風のなか、唯一モグラでのフライトを敢行したのがサカツバ機長。
Th_img_5070

「クラブ員の坂本(翼)です。
大利根-木更津-横浜-新宿-大利根のつもりで出発しましたが、強い南風でちっとも進まず。 45分かけてマザー牧場の観覧車を偵察して引き返してきました。
Th_img_5096
Th_img_5097

帰りは110kt! …お出かけ前に天気予報をよく確認して出発しましょう(自戒)。」
(マザー牧場だから牛が見えるだろうと思い込んでいたのはナイショです。)

◆これは?

はい、JA2351です。AWじゃありませんよ。
Th_img_5074

モーターグライダーもこういう時代になったんですね〜

◆苦学生

JMGCからおとなりへ出稽古中のソルジャ。
陸単の訓練も中盤で、ここからいよいよスパートを掛けたいところです。
でも、先立つものが・・・ だから。
Th_img_5075

今日も明日も、機体を磨き続けます。
強風でも、炎天下でも。空を飛ぶためならがんばれます。

(写真・編集 垣内)


|

2018年7月 2日 (月)

6月25日(火曜日)

◆某所近況

月曜・火曜でJMGCはお休み。
しかし、都内某所では三ちゃんこと整備の三科君がモクモクと何かを磨いています。
Dsc09752

皆様御存知の「零式艦上戦闘機」です。
Dsc09753
航空機の整備に携わる者として、平成の現代にあって「零戦」にふれる機会は貴重な物に違いありません。

一方では、艦上爆撃機「彗星」の作業も進行中。
Dsc09755

補修作業を担当されている小林さんです。本業は自動車の整備とのこと。
Dsc09754
今回は小林さんとのご縁もあってのお手伝いとなりました。

Th_img_5039_2
休みも厭わず、笑顔で働く三ちゃん。
若いっていいなあ。

(画像・愛さん、編集・垣内)



|

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »