« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月の記事

2018年2月28日 (水)

2月27日(火曜日)

中澤です。
2月23日金曜日から吉井川滑空場に行ってました。
24日には三科が合流し、機体の修理を担当。私は大阪、三田に行きました。

Image1

Image2

Image4

Image5


試験飛行の後、岡南飛行場の岡山グライダークラブにお伺いし、中塚さんはじめ、クラブの面々にお会いできました。


◆おまけ

関西エアロスポーツクラブから草刈機をもらいました。
前から欲しいと思っていた、ゴルフ場で使用している草刈機です。

Image1_1


(写真、文・中澤 愛一郎)

|

2018年2月26日 (月)

2月25日(日曜日)

◆グライダー訓練

最近、大利根ではグライダー訓練が盛んです。
今週末は宇都宮大学の学生さんが練習(しかもダッジマンに泊まり込み!)に来られ、フライトに座学に、熱烈な訓練が続いています。

天気は曇りですが・・・
Th_img_4002

朝10時からフライト開始。熱烈です。
Th_img_4001

今日はこの天気のせいもあり、その他クラブ員の出足は遅め。
Th_img_4004

土埃は相変わらずの酷さです。
Th_img_4005

フライトが終わると、目下グライダーの練習をに励みつつ「一応訓練生のはず」の高橋さんが、学生さんにエアワークの講義をしてくださいました。
Th_img_4010

超ベテラン教官(でも大利根では訓練生)から最高峰の知識を注入される学生諸君。
Th_img_4006

グライダー訓練はこれからますます盛んです!

(写真、文・垣内)



|

2018年2月22日 (木)

2月21日(水曜日)

中澤です。
1年に何回か、ヨーロッパと日本の間をコンテナーが行ったり来たりします。
昨年の最後の便はRO/RO便で常陸那珂からドイツ・ブレーマーハーベンでした。

今日は今年最初の便で、トレーラーに格納されたグライダーがスロベニアまで運ばれ、機体の塗り替えが行われます。

3月中旬にはドイツからコンテナーで2機のモーターグライダーが来ます。

トラックが用意され、
002

トレーラーがトラックに乗せられ、
001

トラックがバックでコンテナーに近づき、
003

トレーラーをコンテナーに入れ、固定します。
004

遙か遠いスロベニアへ旅経ちました。
005



(写真、文・中澤 愛一郎)

|

2018年2月17日 (土)

2月16日(金曜日) G109+ロータックス

中澤です。
D-KJMCの試験飛行は順調に進んでいるようです。
ドイツのアンドレ氏から以下のような知らせが来ました。

Dear Aiichiro,

   finally we could continue with flight testing the Rotax Grob.
We had some very good weather for flying yesterday and today and while yesterday we had some problems with the battery (about -6°C on the ground in the night) we could make a quite successful long flight today, which delivered some promising performance data (preliminary, of course).

Dkjmc_vorfeld_schnee
We plan to do another flight tomorrow morning if the weather is good, again.
Dkjmc_taxi_for_runway
Of course there are small problems with every flight. Today the vent line of the battery came lose in flight and was burned by the exhaust.
I replaced that, also re-positioned the outside-air-temperature sensor and installed new brake linings.

Andre


(文・画像 中澤 愛一郎)

|

2018年2月14日 (水)

2月14日(水曜日) 下総基地の催し、そしてドラマ

◆下総飛行場周辺飛行安全会同

JMGCスタッフの佐々木です。
去る1月26日、海上自衛隊下総基地で下総飛行場周辺飛行安全会同という集まりに佐々木と藤沼さんで参加しました。
(徳生さんも参加予定でしたがこの日に限り高熱になりお休みでした。)

この会議では下総の管制圏周辺を飛行する団体が参加し飛行の安全について意見交換をするというものでした。
私たちは大利根飛行場から離陸し管制圏を通過することが多く、その中でGCAアプローチする機体や下総のILSへ向かう航空機がどのようにレーダーベクターされているかとても理解を深めることができました。

会議懇親会もあり、最近グライダーで特訓中で飛行機の教官の高橋さんは制服姿で海上自衛隊のお立場で出席されていました。
S__12402695

普段のカッコとは違い、いつも以上にかっこよかったっす。
S__12402696


◆TBSドラマ「アンナチュラル」

現在、石原さとみさん主演で絶賛放送中のTBSドラマ「アンナチュラル」 にて、昨年11月に大利根で撮影されたシーンが間もなく放送になります。
(撮影時の様子を紹介した「大利根近況」はこちら

 放送予定:2月16日(金)
 放送時間:22:00〜

Th__20180214_212855

詳しいストーリーは見てのお楽しみですが・・・
見慣れた飛行場、クラブハウス、見慣れた172、見慣れた人が登場します。

予告編でも流れ始めていますが飛行機と車が並走するシーンがあります。
色々と突っ込みどころが出てくると思いますが、皆様奮ってご覧ください!



(写真、文・佐々木マサシ)



|

2018年2月13日 (火)

2月10日(土曜日)

◆ますますきれいに仕上がる、「旧新撰組」

中澤です。
三田君の手にかかると、見違えるようにきれいな機体に変身します。
春には飛行場にお目見えします。
Dsc09258
Dsc09259
アッ、しばらく身を潜めていたASK14も出しますね。

春を控え、続々と耐空検査が行われています。
DG400とDG800です。
Dsc09260
Dsc09261



(写真・文 / 中澤 愛一郎)

|

2018年2月 6日 (火)

2月6日(火曜日) 工場から

中澤です。
IS28M2/RGの胴体の塗り替えが終わりました。
見違えるように綺麗になっています。
Dsc09195

マークはASK21の3000時間点検の作業中です。
Dsc09197

西尾はグローブの耐空検査の整備作業中です。いつも物静かに、黙々と仕事を進めています。
Dsc09198

めずらしい、全金属機の修理です。三科の作品です。
Dsc09199

IS28の胴体は第3工場に移り、これから水平尾翼が取り付けられます。
Dsc09215

その横には塗装作業の終わった三田のKa8の主翼が有ります。
Dsc09216

(写真、文・中澤 愛一郎)



|

2018年2月 4日 (日)

1月31日(水曜日) 実地試験です

1/31(水)、大利根飛行場ではクラブ員さん2名の実地試験でした。
そしてもちろん! お二人とも見事合格となりました!!


Img_3926
中央左から坂本さん、試験官、尾島さん

いつの間にか中堅となり、飛行時間も○○時間にならんとしているベテラン訓練生の尾島さん。
実は一昨年の後半に受験を志し、昨年9月に申請するも天候により実に3回の延期。
さらに年末には実地試験を実施しオーラルまで進みながら、強風でフライトを断念。今回は実に5度目の正直。
遠距離をせっせと通いながら、頑張ってこの日を迎えられました。

一方の坂本さんはご自身のセンスの良さを活かして、訓練のみならずいろんな機種を体験したり途中でASK13でソロに出たりして大利根ライフを存分に楽しんでいましたが、「いつまで遊んでんの!!」と言う声に背中を押されて??の受験。
実は勤務先の某社長様からのプレッシャーもあったとかなかったとか・・・

今回は尾島さんがオーラルまで終了していた事もあり、動力機では珍しい実地試験2名同時実施となりました。


◆ついにこの日が

朝6時、受験生お二方がショーアップ。
Th_img_3893

気温は−4℃。でも風はなく絶好の受験日和です。
お二人はさっそく機体の準備、自分の用意、受験会場の用意に余念がありません。

9:30、まずは坂本さんのオーラルスタート。快調にすすんであっけなく終了。
続いて尾島さんのフライトが始まります。

機体準備中の尾島さん。
001

周辺をウロウロする立会担当
003

その間、主任教官の佐々木さんは坂本さんの立会をしつつ業務フライトを実施。
職員は忙しいのです。
005

尾島さんのフライト中、坂本さんはまったくもってマイペース。
まさに泰然自若。
Th_img_3897

今日は平日の水曜日というのに、クラブハウスはクラブ員さんでいっぱい。
なぜか気楽な本人の前で、チャートを広げて受験生よりも受験生らしい村上さんの姿も。
Th_img_3899

やがて坂本さんのフライトの番。
いよいよ緊張の時・・・のはずですが・・・心中やいかに。
Th_img_3904

ご自分の出番は全て終了し、後は講評まちの尾島さん。
坂本さんのフライトを心配そうに見守ります。
Th_img_3913

そしてその間にも、いつも通り業務フライトやクラブフライトがひっきりなしに入る大利根なのでした。
Th_img_3901


◆サクラサク〜

結果。お二人とも危なげなく無事合格!
早速、沢山いらしてたクラブ員さん達と記念撮影。
008

大利根名物、クラブハウスの天井に張り出す「感想文」も書きました。
Th_img_3924

やっと終わった実地試験、喜びよりも安堵のほうが大きいかな?
たぶん徐々に実感が湧いてくるでしょうね。
これから、この奥深い趣味の世界をゆっくり楽しんでいってくださいね。

尾島さん、坂本さん、おめでとうございました!!

Img_3929
左・坂本さん 右・尾島さん (with Eさん)




(画像・愛さん、平岡さん、 編集・垣内)



|

2018年2月 1日 (木)

1月28日(日曜日) 試験直前!

◆曇りの日曜日

土曜日はまたまた強風(もちろん某Gのせいです)でノーフライト、翌日の日曜は高曇りながら穏やかです。
グローブはいつもどおり、セスナもいつも通り。
その横ではソルジャが練習しているJA172Jもいつも通り。

先週の雪はまだ残っています。
いつものナビコース(下館ー栄橋)が、まるで雪国です!
Th_image3
(写真・小池さん)

その一方、須原さんと整備の三ちゃんが手塩にかけていたタンデムファルケが、満を持して戦列復帰。
腕に覚えのあるクラブ員たちが、さっそく技量チェックを受けていました。

パターンを回っていると・・・飛行機に抜かれます(笑)
Th_img_3876

英さんも、久しぶりのファルケで飛び上がります。慣れたものです。
Th_img_3885

夕方は、プロペラピッチの機構についてちょっとした講習がありました。
Th_img_3884

夕方、遠くに飛行機が見えたからと言ってふらりと立ち寄って下さったお客様が。
Th_img_3882

また来てくださいね!!待ってますよ〜


◆試験直前!!

さて、昨年夏過ぎから戦闘態勢な、でも天気にめぐまれない尾島さんと、だいぶ遊び回ったけどぼつぼつ年貢を納めて受験にこぎつけようというサカツバ氏。いよいよ試験を数日後に控えて最後の週末です。
オーラル対策だけではなく、書類やログのチェックなども熱を帯びてきました!
Th_img_3890

真剣な上にも真剣にならざるをえない試験前。主任教官も真剣!
そんなサカツバさんの直前の様子のレポートを、K教官より頂きました。

【個人の感想です】
某氏は実地試験直前の追い込みに余念がありません。
実地試験さながらに、航法とエアワークを通しで、フライトタイム2時間15のトレーニングです。

Image1_2

某氏「余裕だぜ〜」

(注)この記事は個人の感想であり、感じ方には個人差があります。

以上、実地直前の大利根の近況をお伝えしました!

(写真、文・垣内)


|

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »