« 1月7日(日曜日)  | トップページ | 1月15日(月曜日) »

2018年1月16日 (火)

1月13日(土曜日)+日曜日の近況!

◆航空安全講習会開催

クラブ員の藤沼です。
13日(土)の関東は、冬晴れ。
風も穏やかで絶好のFLT日和になりました。

そんな中、茨城県の取手市では日本飛行連盟主催により 「航空安全講習会」が開催されました。

晴れ渡る青空を見上げてため息つきながらも、会場へ足を運んだのはJMGCなど各所からお集まりの約30名のパイロット達。

Img_2564

前半は佐々木講師による「最近の変更点および過去の事例から学ぶ」
ブッシュパイロットのエキスパートから、最近の情報が普段の自分たちのFLTにどのように活かせるか分かりやすく解説していただきました。

第二部は僭越ながら私(藤沼)が、「NAV Planを考えてみましょう ~隣は何をする人ぞ~ 」と言うテーマでお話させていただきました。
内容は、日頃なかなか意見交換する機会の少ない方々と実習形式でNAVコースを考えるというもの。
Img_2562

グループに分かれて意見交換、ディスカッションに熱が入りました。
グループ毎の発表へも他のグループから活発に意見やアドバイスが出ました。
Sp1110513

最後に、「風の谷のナウシカ」のメーヴェを実際に飛ばそうというオープンスカイプロジェクトの八谷先生がいらっしゃいましたので、そのメーヴェについてご紹介いただきました。

Img_2560

その後、盛会のうちに講習会は終了。
安全を最優先にしながら、FLTを楽しむことを今一度確認する良い機会になったと思います。



◆一方角田では、

13日土曜日に講習会が開催される傍ら、一部メンバーがG109(JA09AW)で角田滑空場へと旅立ちました。
到着後、再度離陸しようと準備中、機体に小さな不具合の予感が。
そして翌日。大利根からは長屋機長のC172が、整備の三ちゃんと工具をのせて角田へと向かいました。

さっそく、その模様を現地・宮城県航空協会のジャイアン(斎藤さん)からレポートをいただきました。

G-109は、昼ごろに大利根からC-172で救難特殊部隊が飛来し、メカのS科くんがテキパキと仕事をこなし、あっと言う間に復旧しました。
S科くんもすごかったですが、角田の舗装RWY32の1本目の白線に一発で接地を決めたNGYさんの腕にも驚きました。 K池教官といい、NGYさんといいJMGCには腕のいいパイロットが多くて感心した週末でした。


斎藤さん、レポートありがとうございました!

◆1月14日(日曜日)近況

昨日の土曜と同じく、よく晴れました。
Th_img_3801

間もなく実地試験を迎える訓練生2人をはじめ、各メンバーのフライトでG109はフル回転でしたが結局追いつかず・・・
せっかくご来場のクラブ員さんも今日は時間制限つきのフライトとなりました。

ところで、最近は飛行機訓練が盛んです。
日没後のクラブハウスでは2人の教官による、高品質(冗談ではなく、本当に)で熱のこもったブリーフィングが続きます。
Th_img_3804
Th_img_3807

フライト、座学、講習会と、充実した週末。
今週の大利根近況をお伝えしました!


(協力:斎藤さん(宮城県航空協会)、藤沼さん、ケイブン氏 / 編集 垣内)

|

« 1月7日(日曜日)  | トップページ | 1月15日(月曜日) »

大利根近況」カテゴリの記事