« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の記事

2017年10月31日 (火)

10月31日(火曜日) 

◆明日から復旧作業

先週水没した飛行場は、いよいよ明日から本格的な復旧作業が始まります。
そうなると、今週末の連休は久々に、大利根名物「滑走路洗い」でしょうか!
実施の場合は別途クラブ員さん宛にお知らせ致しますね。

◆大したものです

そういう訳で、大利根の全機はみんなどこぞへ避難中。
ふと新工場を覗いてみると・・・

G109がこんな感じで。
Img_3199

このスペースに2機はいってます!
Img_3203

こちらには飛行機x2とG109が1機
Img_3205

機体の間隔は20cm・・・?
Img_3204

小型機の収容についてはどこの格納庫もすごい物ですが、こちらもまさに神業。
整備の皆さんお疲れ様です。
早くこの子達が大空に戻れるといいですね(笑)

(写真、文 担当 大川)



|

2017年10月28日 (土)

10月27日(金曜日) 大利根の状況

◆飛行場の状況をお知らせします。

先週の台風21号で、付近の須賀での水位は5.3mを記録。
大利根はお隣のニッソーカントリーさん共々完全水没となりました。
今日までに飛行場の水は概ね引きました。
観測隊からの報告では、いつもどおり飛行場には泥が堆積しています。
Img_3192
Img_3194
今後様々な状況で泥を除去、さらに舗装部分は水洗いを行います。
また、地面が大変ぬかるんでいますので車での侵入は厳禁となりますので、クラブ員、利用者の皆様も場内への進入はご遠慮ください。
※轍が出来てしまうと、今後航空機のタキシングができなくなります。
Img_3191

動物の足跡が残ってました。
Th_img_3193
今週また台風の接近に伴う雨が予想されている事から、泥の除去作業は来週の中旬以降となる見込みです。 復旧状況は順次お知らせする予定です。
JMGC自体はずっと活動中です。クラブ員さんはお時間あれば工場、事務所へ遊びに来てくださいね。

(写真・佐々木マサシ 文章・担当大川)

|

2017年10月25日 (水)

10月24日(月曜日) 冠水 D-2

◆台風21号冠水 Day 2

中澤です。
10月24日、昨日の冠水から2日目。
朝に対岸(安食側)から見た飛行場。ウインドソックが見えます。
(けいぶん氏提供)
S__101752841_3

夕方の土手からの利根川です。
Image1_2

冠水Day1のゴルフ場には、たくさんの鴨が集合していました。
Image2_2


◆ついに,第6工場が・・・

冠水に伴い、第1から第5工場まで足の踏み場も無いほど、ぎゅうぎゅうに詰め込まれた中、
ついに、第6工場が出現しました。(ウソです。)
Image3_2

最後のトレーラーの置き場が無く某ロイヤーのあそびばに間借りをしています。


(写真、文 中澤 愛一郎)


|

2017年10月24日 (火)

10月23日(月曜日) 大冠水・・・

◆ついに完全冠水

今回の台風21号により大利根は完全冠水しました。
10月23日未明に豪雨に見舞われた関東地方でしたが、朝方雨がやんだ後も水位は上がり続け、利根川上流の栗橋は17時過ぎに7.34mを記録してやっと減少に転じました。
しかし、今回は下流域にも豪雨が襲った関係で、上流の水が流れてくるのを待たずして大利根付近は朝の内からすでに25エンドより冠水開始。
朝、土手の上から見たニッソーさんと飛行場方面の様子です。

すでに低い所は水びたし。
S__101720108

この写真の時点での水位は2.7m。
その後、23日深夜の段階では5mを超えてまだ水位は上昇を続けています。
この水位は、ほぼ一昨年の大水害に匹敵するレベルです。

ただし!!今回は準備万端、完全に避難が完了しています。
その点だけは安心ですね。
それでは、台風が来るまでの大利根近況(台風避難ダイジェスト)をお伝えします。

◆10月20日(金曜日)
中澤です。
季節はずれの超大型台風の接近で、18日から避難作業が始まっていました。
18日には龍ヶ崎飛行場へ避難する機体が飛び立ちましたが、それでも、4機ほどが天候悪化で空輸できませんでした。今日は台風21号の対策に明け暮れました。

◆10月21日(土曜日)
龍ヶ崎飛行場に逃げ遅れた4機と飛行場機材を第2工場に詰め込みました。機体を第二工場に格納したり、ダッチマンやウッドデッキ、草刈機を避難させました。

工場へ運ばれてゆくスーパーディモナです。
Th_img_3158

第1工場から第5工場までぎっしりです。
Th_dsc08763
Img_0959
忙しい中、やっとお昼休憩になったJMGCの皆さん。
ご苦労様です。
Th_img_3160
Img_3161
お勉強に来ていた尾島さんは、ダッジマンがなくなったのでマサシ氏と近くの美味しいお蕎麦屋さんに来ています。
Th_img_3162

偶然、熊岡さんもいらっしゃってました。


◆10月23日(月曜日)
一縷の望みを残し、クラブハウスはまだ飛行場においてあったのですが・・・
昨夜の無慈悲な雨の降り方をみて、クラブハウスも移動を決断。
ついに大利根飛行場は久しぶりに空っぽになりました。
Img_0961_1

そして午前10:30現在。滑走路25側から満を持して水が入り始めています。
S__14573575

という訳で、大利根飛行場はしばらくクローズになります。
飛行場の復旧状況は、随時ML等でお伝えさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

(写真提供・中澤愛一郎、けいぶん氏、担当・大川)


|

2017年10月18日 (水)

10月18日(水曜日) ドイツ近況

中澤です。 今回のドイツ行きはちょっと気になる機体が有り、それを見たいのと、現在、2351に搭載予定のエンジンが出来上がったと言うので、その受領検査と言うと大げさですが、今後のエンジンを考える上で良いチャンスだったので、飛び出して来ました。

最初に訪れたクラブはみんな親切にしてくれました。
Image1

Image2

このクラブからの帰りがけに久しぶりにKorffに寄って見ました。
グローブG109Bにリンバッハの2400を搭載し、グライダーを曳航する機体にしていますが、ドイツでもせいぜい10数機が乗せ換えたようです。
コンピューター制御がうまく行かず、くしゃみがどうしても直らないとの評判です。

Image3

アンドレの工場はいつものようでした。
Image4

こんな機体の塗装を行なっていました。

2351に搭載予定のエンジンは出来上がっていました。

Image5
Image6


ザウアーのマーチン氏とグローブエンジンの今後を話し合って来ました。
クランクケースやクランク、コンロッド等の供給は問題ないが、シリンダーがグローブの特別仕様なので、シリンダーとピストンの供給が心配だと言っていました。
我々のエンジンの他、デンマークとベルギーからのエンジンが作業中でした。

飛行機の世界もLEDが大流行りですが、グライダーの世界も消費電力が少ないことから、衝突防止灯が流行り出しています。
これは、DGの機首に取り付ける衝突防止灯です。

Image7

中3日の短かい旅でした。明日、ドイツを出ます。


(写真、文 中澤 愛一郎)

|

2017年10月17日 (火)

10月15日(日曜日) またしても・・・

中澤です。
性懲りもなく、またドイツに来て居ます。
あまりに突然、ドイツ行きを決めたので、さすがに直行便はなく、ワルシャワ経由のドイツ行きでした。

いつもの決まったホテルはどうやら顔なじみになって来ました。
某大学O監督や、三科のように私と行動を共にしていると、必ず泊まるホテルです。
昨晩遅くに到着しました。水曜日には帰途につきます。

相変わらずの朝食です。
Image3



(写真・文 中澤 愛一郎)

|

2017年10月11日 (水)

10月8日(日曜日) サンマサンマサンマ〜

◆大盛況〜

予定通り、10月8日の日曜日には毎年恒例のサンマパーティー。
大勢の方にお越しいただき、大盛況の一日でした。
駐車場には多くの車が並びます。
Th_img_3123

2ケースのサンマを一日かけて焼いては食べてゆきます。
サカ妻さんはじめ大利根おなじみの女性陣と、今回は飛行連盟から加藤さんもお手伝いに来てくださいました。
合間には山崎さんご提供の鹿肉も!
Th_img_3129

今日の為に用意された今年の新米は、炊飯器3台で炊き続けます。
そのうちの2台がならんだ炊飯器の前で、湯気を見ながら石川さんと小牧さん。
Th_img_3125

「着陸ってどうやるとうまくいくんだろうね〜」
「遠くを見るったってね〜難しいよね。」
こういうふうに、訓練をしている方同志の会話、すっごく良いと思います!
先輩方は、そっと見守ってあげましょうね(笑)。

そしてフライトは切れ間なく続きます。
周りでは、飛ぶ人・食べる人、めいめい好きに過ごしています。
Th_img_3131

実は、今日はクラブ員じゃない方もこのブログを見てサンマパーティーのためにご来場くださいました。
ありがとうございました!

一方こちらに目をやると。
どうやら食べすぎのけいぶん氏とガスター氏がなんかたわむれてます。
今日はサンマなのに、ナゼか肉感が充満です。
Th_img_3137

見るからに重そうですが、いちおうどちらもパイロットです(爆)。

そんなわけで、夕方まで続いたサンマパーティーは盛況の内にお開きとなりました。


◆お客様ご来場

こちらのうら若き女性。学生グライダー出身、今や本職のパイロット。
今日は久しぶりに滑空機を体験しにいらっしゃいました。
凛々しい笑顔で写真を一枚!
Th_img_3132

と思ったら・・・問題は今回の機長、ソルジャ小林。
お嬢さんと空を飛ぶなんて夢のようだと、ニヤケ顔が収まらない様子。

お目付け役のクラブ員Tさんは本気で心配しています。
Th_img_3134
「ヤツは大丈夫なのか??あの娘を傷物にしたらゆるさんぞお!!」
心配そうに出発を見送ります。

やがてエンジンを止めて滑空で帰ってきたソルジャ。やっぱり嬉しそう。
お客様も、久しぶりのグライダーを楽しんでいただけたようでした。

Th_img_3140

ソルジャ良かったね〜 ま、大利根のクルーはこんなもんです。
にやけていても腕だけは確かですから(笑)!




(写真・文 担)

|

2017年10月 4日 (水)

10月1日(日曜日)  今日もわんさか。

◆急告!!サンマパーティー開催!!

大利根恒例「サンマパーティ」が開催されます。
由緒正しく歴史あるこの企画。
皆様、炭火焼きのとびきりのサンマと今年の新米を味わいに、是非お運びください!

○日時 : 10月8日(日曜日)
      時間はテキトー (早く来ないとサンマなくなります)
○場所 : 大利根飛行場 特設会場(いつもあたり)



◆では、日曜日の近況です

朝からワサワサとたくさんの方がお出ましの日曜日。
高気圧どっぷりで天気もとびきり。

Th_img_3031

五十嵐さん、ガス石川氏がそれぞれチャートを前に行き先を思案中。
もちろん行き先は別々です。

Th_img_3033

一方、こちらではソルジャ小林がチャートとにらめっこ。
愛さんととある滑空場へおつかいに行くようです。

Th_img_3032

運行が始まりました。
離陸はいきなりの3機待ち。実はこの後ろにもう2機。

Th_img_3039

クラブハウスでは、フライトを終えた黒岩さんと、最近抜群に熱心な小牧さんが、なにやら会話中。

Th_img_3043

江原さんはガス石川氏を搭載して筑波山詣でを楽しまれた様子。

Th_img_3058

井上号も登場。共同オーナーがお二人でかわりばんこに楽しんでました。

Th_img_3053

他に藤沼さんがゲストの方とモーターや飛行機でJOYフライトを楽しむ姿など・・・
今日もこんな調子でずっと飛んでましたね。

◆JA2429でました

少し古いクラブ員さんには懐かしい、あのJA2429が試験飛行しました。
全身ピカピカになって、特に主翼は整備の西尾君が半年以上かけて磨きに磨いた力作です。

Th_img_3047
そりゃあもうきれいなものですが、実は間もなく、この子はお嫁に行きます。

Th_img_3049

操縦席を見ると・・・懐かしい!!
昔、いっぱい飛びましたよね〜

Th_img_3051

シートベルトは情熱の赤。通称「炎の赤」との事。
センスいいですね〜誰のチョイスでしょうか?
(正解:愛さん)

新しい場所でもいっぱい飛んでね!!

◆取手の夜は更~~け行く

その西尾くんの働きぶりをたたえて、翌日に取手で慰労会が行われました。

Image2

語る先輩、食べる西尾くん。善き哉。

Image1_2

これからもいい仕事してちょーだい!
期待してるよ〜!!

◆最近の草刈り事情

夏以降、草刈りは主に英さんが先頭でやってくださってます。
が、最近はそこへスーパーな助っ人Nさんがご登場。すでに英さんと草の取り合いが始まっています。

こちら、英さん。押しも押されぬ大利根草刈り隊、不動のトッププレーヤー。

Th_img_3045

こちら、文字通り「草刈りが生きがい」のNさん。
刈払から手押しまで、刈って刈って刈りまくります。
ちなみに、刈払機からプロテクター類一切合切はNさんの私物です。

Th_img_3044

もともとモグラで飛んでらしたのですが・・・
草が生えているうちは、とにかく! 草刈り1番、フライト2番?

そして日が暮れるとノーサイド。二人で楽しく草刈り談義。

Th_img_3029

お二人とも、本当に頭が下がります。
いつもありがとうございます!!


(写真・文 中澤愛一郎+担)




|

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »