« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月の記事

2016年12月31日 (土)

12月30日(土曜日) 本年最終日!

◆風が・・・

本年最終日。大方の皆さんは御用納めも終わり、今日のクラブハウスはおおにぎわい。
ぜひ順調に飛び納めと行きたいところです。
Th_img_0590

なのに・・・風が。
Th_img_0592

しょうがないです。冬ですからね。しかも息があって方向も定まらないというやや面倒な質の風でした。
結局、朝一番に五十嵐さんが、これ以外は夕方にポツポツ飛んだ位。穏やかな年末を迎えました。

◆本年ラスト訓練

二代目村田さん。強風の中、果敢に右席訓練です。
Img_0598

視程もよく、本年ラスト訓練にふさわしい夕日が。
Th_img_0599

そしてスポットイン。センターラインへビシっと決めて、有終の美を飾りたいところでしたが・・・
Th_img_0603
見事にアサッテを向きました。(笑)。

さて、こちらは今年も大活躍だったJA2351。けいぶん氏の飛び納めにて本年のフライトが終了です。
Th_img_0606

最後にこの場のクラブ員全員で記念撮影。
Th_img_0609

◆今年もお世話になりました。

という訳で・・・
色々あった2016年も暮れようとしています。そして、間もなく新しい年がやってきます。
JMGCはこれからも安全第一を胸に、細心の注意と近隣地皆様への感謝の気持ちを忘れずに活動してまいります。来年も是非、多くの皆様のご来場をお待ちしております。

それでは、今年一年間、大変お世話になりました。

来年も何卒よろしく・・・
Th_img_0628

お願い申し上げます。
Th_img_0629

皆様も良い年をお迎えください。


(写真・文 垣内)

|

2016年12月29日 (木)

12月29日(木曜日)

◆年末も飛んでます!

寒い1日でしたが、クラブ員のフライトや耐空検査が有り盛りだくさんな1日でし た。
クラブ員の青山さんが3度目のソロフライトに出ていました。
「まな鯉」の日程が決まった五十嵐さんも小池さんと飛んでいました。
こちらは耐空検査のフライトです。
ASK13とASK23の耐空検査が行われました。
1229_003


◆今日のRF4D

RF4Dの運用試験が始まりました。とりあえず、教官陣が次々に試乗します。
今日は小池さんと直美さんが飛びました。
まずは小池さん。舵の効きの良さに目を丸くしていました。
1229004

それでは、さっそく小池さんから頂いたRF4のインプレッションをお届けします。

RF4D
初めて乗りました。これまでに経験した事のない操縦性でした。
前評判の通り、3舵ともシャープな反応です。パイロットの意思通りに動きます。逆に、ごまかしの効かない操縦を覚悟しないといけないのかもしれません。
複座練習機(モグラでG109、グライダーでASK13)は、ある程度の操縦で、あとは機体がうまく飛んでくれるようなイメージだとすると、RF4Dはパイロットの操縦を忠実に再現してくれるようです。
一方で、トリムが効くので、ピッチコントロールはとても安定しており、真っ直ぐ飛んで!とパイロットの意思を伝えると、素直に真っ直ぐ飛びます。この機体でナビ合宿をしていたというのも頷けます。
誰もが乗れるチャンスがあり、手の届く高性能機で、一人密かにニヤけながら、技量向上を追求してみてはいかがでしょうか。

直美さんは久しぶりとあって、操縦桿の動きが大きく、機体が揺れていました。
すぐ思い出した様子です。侮れない機体です。操縦桿の動きが全て機体の動きに出てきます。
1229_007

でも、直美さんはRF4Dを満喫していました。いい笑顔ですね。
1229_006

それでは、直美さんに16年ぶりの単座のご感想を語っていただきます。

10数年ぶりに単座で飛ぶことができました。感無量です!!
愛さん、三田さん、三科くん、そして皆さん本当にありがとうございました。


そしてその横では・・・
RF4Dを触っていれば幸せと言う並木先生や市川さんが一日中、単座の側から離れませんでした。
1229001

並木先生のトレーナーです。
1229002


◆今日のASK14

ASK14の整備が続いています。
無線機とヘッドセットのマッチングと排気ガスのコクピットへの浸入の対策をしています。
RF4DもASK14も機体はきれいなのですが、どうも操縦者の人相が良くないとの評判しきりなので、いつも笑顔の小池さんに乗ってもらおうと言うことになりました。
小池さんにとって、RF4Dに続く本日2機目の新しい機種となりました。
1229_010

小池さんにはASK14の方がより楽に飛べたようです。
1229_009

それでは、再び小池さんによるASK14のインプレッションをお届けします。

ASK14
上空での操縦感覚は、ピュアーグライダーそのもので、全く違和感ありません。
ベースはKa6Eですから、サンデーパイロットが、滑翔を堪能するには持ってこいです。素直な操縦性は元より、コックピットの快適性(高性能機のように狭くて寝るような姿勢ではありません)も高いと思います。弱いサーマルを利用して、ただひたすら浮いているような、純粋に"空中散歩"を楽しむことができるでしょう。
一方、地上取り回しは、普段シャープなG109に乗っているパイロットにとっては別世界かもしれません。アウトリガーでのタキシングに加えて、離陸時、ゆっくりとした加速とともに操舵が効いてくる感触は独特です。しかし、特別な能力は必要なく、慣れれば何てことはないと思います。
ASK14は、グライダーの楽しみの原点を、"品良く"楽しみたい向きにお薦めのフリートです。

引き続き、これら2機の慣熟が進んでゆきます。
皆様お楽しみに。

(写真/文・中澤 愛一郎、垣内・編)


|

2016年12月27日 (火)

12月25日(日曜日)クリスマス、そして単座 その②

◆単座が飛んだ日の大利根

もちろん通常通り、グローブによる訓練は熱烈に続き・・・
間もなく「マナ板の鯉」になろうとしている五十嵐さん、マナ板に登るべく頑張るカミナリ様。
それにひたすら練習したい藤本さんと今日も動画撮影に余念がない北見さん・・・

他にもたくさんフライトがありましたが。

はい、写真ありません! 担当さぼりました。ごめんなさい。
だから今日はやっぱり単座ネタと言う事で。


◆みんなワクワク

RF4Dの初飛行後、機体を取り囲むクラブ員達。
Th_img_0532

かつて「単座クラブ」の世話人だった小野寺夫妻。
久しぶりの単座を前に、すっかり二人の世界へ。素敵です。
Th_img_0542


◆これは何ですか?

ふと見ると、ウッドデッキ上にヘンテコな装置が。
Th_img_0535

実はこれ、「単座用ギア操作習得シミュレータ」です。
つまり、引き込み脚のRF4Dの脚の構造と独特の操作に習熟できるように、三田さんが実物のパーツを使って製作したものです。
興味深く見つめる面々。
Th_img_0533

単座にかけるJMGCの本気が見えますね(笑)!



◆動態保存

それにしても、RF4D、ASK14とも日本に1機しかない機体。
しかも今時の機体とはかなり異なる、古き良き時代の作品です。
RF4D
Ja2110_1_2

ASK14

_dsv7663_2

いかにもJMGCらしい、こう言う古い機体をフライアブルな状態に管理し、後世に伝えるのも大切な使命かもしれません。
などと話していたら・・・なんかもう1機いたような。
古くて、日本に1機しかないモーターグライダー・・・?

SF25B
Ja20gm_1

そうそう、こちらもステキな機体。
しかもこの25Bは飛ぶより整備が大好きなオーナーさんが、「実物大模型」として大事に整備・管理されています。もちろん、ちゃんと飛びます。

それにしても、大利根のモーターグライダーはこんな機体からG109やシュテメまでなんでもござれ、フレ幅が大きいです(笑)。
楽しい機体が色々あって、興味が尽きませんね。

(写真・瀬尾師匠、けいぶん氏、編集・垣内)


|

2016年12月26日 (月)

12月25日(日曜日)クリスマス、そして単座 その①

◆ついに、この日が。

準備万端整えて、その日はやってきました。
ついに、JMGCや会員の皆様にとってなんとも思い出深い機体、RF4D・JA2110が飛ぶ日がやってきたのです。

朝、さっそく整備チームが総出で準備をはじめます。
Th_img_0520

最後に残った重量や重心位置のチェック。
三田さんが暖かく見守る中、三ちゃんと西尾くんの若者二人がテキパキと作業を進めます。
Th_img_0528

最後に三田さんが内容を確認して、いよいよ準備は整いました。
Th_img_0527


◆RF4D、空へ!!

佐々木さんが搭乗し、ついに単座が15年ぶりに大空へと舞い上がりました。
まさに息をのむような、美しい姿を御覧ください。
Ja2110
Ja2110_2
<以上2枚・けいぶん氏>

_dsv7238_1
_dsu0492psc
<以上2枚・瀬尾師匠>


◆そしてASK14も!!

一足先にテストフライトを初めていたASK14も登場。
こちらも、ため息が出るほど美しい機体です。
Ask14
<けいぶん氏>   

_dsu0626psd
<瀬尾師匠>


◆愛さんより。

全ての皆さんにとって思い出深い単座、中でも感慨深いのはやはり愛さんでしょう。
さっそくコメントをいただきました。

「今日はRF4D JA2110が10数年ぶりにまた飛ぶことができました。
現実に作業を進めた三田くんに感謝すると共に、その周辺を支えてくれたすべての仲間に感謝します。
ありがとうございました。
今後、RF4DとASK14をどのように活用するか考えて行きたいと思います。」


単座のクラシカルなモーターグライダー。
扱いは難しく、一人しか乗れず、スピードも出ず、今時の機体ほどの滑空性能もなく。
でも、堪らなく楽しくて、例えようもなく美しい、芸術のような機体。
100%遊びの為だけに製作された、こんな贅沢で素晴らしい航空機はそうそうないのではないでしょうか。
「楽しい!」を追求するJMGCを象徴する機体、それがRF4Dなのだと思います。

さて、こうしてJA2110は本日無事に耐空証明を取得し、大利根の空へと戻ってきました。
これでまた大利根に楽しいおもちゃが増えたし、週末が楽しみになってきましたね。


(写真・瀬尾師匠、けいぶん氏 / 編集・垣内)




|

2016年12月23日 (金)

12月22日(木曜日) RF4準備中

ASK14に続き、RF4D JA2110の試験飛行の準備をしています。
今日はコンパススイングや舵角測定を行いました。残すところ、重量重心の計測を行って、試験飛行が行われます。

Img_0017_3

コンパススイングの後、少し走ってみました。

Img_0018

(文:中澤 写真:直美)

|

2016年12月22日 (木)

12月21日(水曜日)ASK14飛んだ!

◆飛んだ!ASK14

日曜日から続く暖かい日でした。
三科は朝からASK14を組み立て、エンジンの調整に余念がありませんでした。
秋永、大曽根、ヤスパーの飛行機班はJA4223の耐空検査でした。

愛  : 明日からあまり天気が良くなさそうだね。
佐々木:そうですね。今日が一番いいかも?
愛  : フーン、エンジンの調整が一段落したら、飛ばし
てみようか?

と言う会話の末、急遽、ASK14を飛ばすことにしました。

エンジンの調整に余念の無い三科
Image1

佐々木が乗り込み、
Image2

元気に離陸しました。
Image3

野口常夫氏が飛ばしていた時から、10年ぶりの飛行でした。

快調に飛行し、着陸。
Image4

早速、記念撮影です。
Image5



◆ASK14フライトインプレッション

それでは、JMGCスタッフ佐々木さんによるASK14のインプレをお届けします。

今日、初めてASK14を飛ばしました。
離陸滑走し40kmを超えたところから翼を水平にしました。水平になり増速し機体を浮揚させた途端に 素直な機体だと感じました。
離陸滑走している間はまるでセルフランチのグライダー(モーターグライダーはセルフランチですが・・)と同じ様な加速です。

気になるエンジンですが26馬力ですがASK14を上昇させるにはちょうどいいくらいで心地よく2~3m/sで上昇します。特にランディングギアをあげると上昇率はよくなります。エンジン停止後はKa6Eです。エンジンリスタートは手順さえ守り暖気運転をしっかりすれば問題なくできます。
基本的な飛ばし方は上昇後、エンジンを停止させソアリングをし停止したまま着陸するというものでしょうね。セルフランチのKa6Eといったところです。
ただしギアが上がります。Ka6Eだと思ったらギアを忘れてしまいますので、くれぐれも忘れないようにKa6Eだと思いこまないで飛んでください。

スピン5回ほど試しましたが旋転を始めた途端に回復傾向にあります。しかし必ず飛行規程に書かれた回復操作をしてください。
飛ぶ皆さんは必ず飛行規程を見てほしいのですがASK14のスピンからの回復操作の文言は他の航空機と違います。

ランディングも違和感はありませんがKa6Eがダイブブレーキだったのに比べASK14はスポイラーです。そこが少しだけ違うかもしれませんね。

ASK14の試験飛行の合間にASK13に乗る用事がありました。やっぱり布羽の機体は一味違っていいですね。



◆続けて二回目のフライト

2度目の飛行では恒例の空撮が行われました。
Image2_2

Image1_2

試験飛行の結果、多少の不具合があったので、手直し作業が行われます。その後、試験飛行と運用試験が行われ、じょじょに飛行の範囲を広げて行きます。


◆おまけ

今日、クラブ便り100号が出来上がりました。
早速、発送準備が始まりました。急いで郵便局へ持って行きますね。
Image3_2



(写真・愛さん/文章 愛さん、佐々木さん)




|

2016年12月21日 (水)

12月18日(日曜日)

よく晴れた暖かな一日でした。

2機のグローブは夕方までフル稼働な一日でしたが、当たり前すぎて写真がありません。(悪しからず)
今日はお客さんの多い日でした。

昨日には各務原から遠路はるばる、トレーラーを引いてきてくれた、伊藤健児さん、森さんを初め、飛騨高山からはウエーブソアリングの面々が遊びに来られました。
1218006

その中の岡部さんが大利根で飛んだことがないというので、“ウエーブソアリングのガスター石川”が一緒に飛んでいました。
1218004

合間を縫ってグライダーも飛んでいました。
1218002

空からは仙台のビーチ・ボナンザが遊びに来てくれました。
1218001

久しぶりに大久保裕和さんがお友達と遊びに来られました。
1218003

左から大久保さん、下荒地(しもこうじ)さん、中村さん。
中村さんは早速身体検査を受けて練習を始められるとのことです。

郷里から送ってこられた干物を焼く、坂妻さんと増井さん。
1218005

朝から日没までひっきりなしに飛んでいた一日でした。

(写真/文 中澤愛一郎)

|

2016年12月14日 (水)

12月15日(水曜日) RF4の飛行予定と工場の様子

◆急告!! 単座飛びます。

忘年会の席で、かねてから準備中だったRF4DとASK14のフライト予定が発表になりました。
12/23(金)〜25(日)にかけて、天候を見ながらテストフライトを行います。
ご都合がつく方は、ぜひ大利根飛行場へお出かけください!



◆第3工場

第3工場が整理され、三田さんが羽布などの作業を行う工場に変身しました。
向かって右側には、シュライハー社の機体が並びました。
Img_0626_2

Ka6CRが2機、ASK14とASK13です。
カイザー氏の設計した機体ばかりが並んでいます。

向かって左側は作業場になります。とりあえずはシャイベ社のSF25Cの整備が始まります。
Img_0628

◆SL

シュトライフェネーダー社からのクリスマスカードです。
よく見ると、胴体にパイロンが立ちプロペラが付いており、登録番号は「K」から始まるモーターグライダー仕様。
Sl

往年の名機、スタンダード・リベレがモーターグライダーに化けました。
電動モーターだと思います。


◆RD

マークの仕事が変わりました。数年寝ていたディスカスをたたき起こす作業です。
Rd

今年の夏に実家へ帰った三科が帰りがけに琵琶湖のほとりから引っ張ってきた機体です。


(写真/文・中澤 愛一郎)


|

2016年12月13日 (火)

12月11日(日曜日) 宴会翌日

◆忘年会の翌日・・・

風ピューです。キレイに真横、最大18ノット位でしょうか。
Th_img_0467

Q: この風は誰のせいでしょう?
A: クラブ員の石川さんが、もう若くないのに3次会のカラオケで徹夜したから。

↑(正解)

さて、この風の中でも、皆さんそれなりに楽しんでいます。
真面目に訓練に勤しむ人。
Th_img_0466

それでも遊びに行きたくてチャートに線を引く人。
Th_img_20161211_103152

千昌夫さんに頂いたベニアズマをほおばる人。
Th_img_20161211_145855

なお上記意外にも、飛行場には来たけれど宴会の後遺症で力尽きて帰ったと言う方も数名・・・(笑)

◆おまけ
青い会社出身の英さんが、赤い会社のカードをお作りになりました。
これはニュースです!
Img_0472

以上、本日の近況でした!

(写真・坂本さん 編集・垣内)

|

2016年12月12日 (月)

12月10日(土曜日)JMGC忘年会!

◆今年も開催!忘年会

あっという間に12月。
色々ありました2016年もあと少しで終わりです。
皆様それぞれの想いを胸に、今年も恒例の忘年会の開催と相成りました。

進行は飛行場担当の佐々木マサシちゃん。
Th_img_0458

それぞれ楽しそうにやっています。
003

Th_img_0462

辻村さんもお越しくださいました!先輩方が来てくださるのは本当に嬉しいです。
Th_img_0460

ここぞとばかりに、坂嫁さんは「お祭りモード」。
002

浅尾さんは当たり前のように整備チームの中にいます。
001

先日行われたラリーの表彰式が、実行委員長藤沼さんの司会で進行されます。
Th_img_0461

優勝は村田(二代目)・尾島(カミナリ様)ペアでした。おめでとうございます!!
005

じゃんけん大会。たくさんの商品も、争奪戦の末にきれいに消えてなくなりました(笑)
004

最後は恒例、愛さんの「来年の大風呂敷」でシメます。
Th_img_0459

そんなわけで、今年も大勢の皆様と一緒に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
お集まり頂いた皆様、ありがとうございました。

ところで、「来年の大風呂敷コーナー」ではいつも「RF4」「RF5」がお約束の鉄板ネタでしたが・・・
今年はついにRF4が飛行場に出ましたので、「えー、来年はRF5を・・・」なんて言われても、俄然期待してしまいますよね。
整備は主に「三ちゃん」こと三科さんが担当するとの事。
これで来年の楽しみが出来ましたね。

今年は年内、まだもう少し残っています。
さあ、飛び納めはいつにしましょうか?!


(写真・中澤 愛一郎 編集・垣内)


|

2016年12月 7日 (水)

12月7日(水曜日)初ソロと、焼き芋!

◆初ソロ!!

本日、若い会員の岡見さんがファーストソロに出ました。
すでにグライダーの免許をお持ちですが今日は晴れてモグラでファーストソロに出ました。
Dsc01142

英さんと握手!
Dsc01145



◆焼き芋やりましょう!

歌手の千昌夫さんから、お芋が届きました。
Dsc07580

千さんとお仲間の作った「天下一品のベニアズマ」だそうです。
Dsc07581

今週の土日(12/10、11日)に飛行場で焼き芋をやろうと思います。
千さんの焼き芋を食べに来てください。


(文・写真/中澤 愛一郎 佐々木 マサシ)



|

2016年12月 6日 (火)

12月3日(土曜日)

◆伝承が大事。

今週もよく晴れた土曜日。
朝からグローブの準備をするのは並木さんと吉川さん。
外部点検から暖気運転まで、吉川さんは大先輩から知識やノウハウの伝承を受けます。
Th_img_0350

大ベテランと若手のホープ。良いものですね。

◆撮られて喜ぶやーつ!

さて、その吉川さん。
若手でホープなのは本当なのですが、西の方面のご出身なのでキャラが・・・。
具体的に言うと、あの直美さんと同じ電波を発します。ちょっと心配です。
フライト中に写真をとると、てれて恥ずかしかる方が多い中、彼はカメラ目線でこの笑顔。
Th_img_0354

「いやーカッコイイですね!でも、ちょっと笑っちゃったのでもう一枚!」
との事で撮り直しです。

Th_img_0356

お気に召して頂けたでしょうか!でも笑ってたほうがよくないか??
フライトのセンスは良いけど、訓練中もつい笑いを取りに行く性格は誰かさんと似ています。
先輩皆様、今後とも可愛がってあげてください。

◆単座が待ちきれない人たち

もうすぐ発行のウインドソック、「100号記念特集号」。
その為の集合写真を撮ろうと場所を探してたら、「RF4がいい!」となりまして。
光の速さでカバーを取ったのですが、その麗しい機体が見えたら最後。
始まりました。単座を囲んであれやこれや。
Th_img_0379

なでたりさすったり、写真を撮ったり。
そんな調子で、日が傾くまで機体のそばを離れない面々。

Th_img_0381

もうすぐ。もうすぐです。
その日を静かに待ちたいと思います。


◆その横では・・・

整備の皆様がみんなでお手入れ中なのは、怪鳥シュテメS-10。
Th_img_0397
愛さん、大曽根さん、ヤスパーさん、それに三ちゃん。
日が暮れるまで、お仕事ご苦労様です。
Th_img_0398

そんなこんなで、今日も楽しかった大利根でした!


(写真/文・垣内)


|

2016年12月 5日 (月)

12月2日(金曜日) 

北の帝王の教え子でリベレをこよなく愛する末永さんが遊びに来られました。
Photo
私(中澤)と同時代にグライダーで飛んでいた仲間で、その後ANAのキャプテンで飛んでいました。
リタイヤ後は、古巣の仙台で飛んでいますが、モールに乗るために、これも北の帝王の申し子である佐々木にハスキーの訓練に来ました。

リベレがあると聞いて、入会しようかなと言っていたとか、、、、


(写真・文 中澤 愛一郎)


|

2016年12月 1日 (木)

12月1日(木曜日) 

いよいよ12月になりました。今年ももう終わりですね。
と、言うわけで12/10(土)はJMGCの大忘年会です。

詳細はこちら

さて、愛さんから新たに入荷した忘年会の景品のご案内です!

◆忘年会の景品の第2弾です。

バスタオルだと思ったら、マットでした。
Dsc07539

高度計 ?それにしては文字盤が変?
Image1

忘年会では、先日のラリーの表彰式も行います。

いつもの方も久しぶりの方も、皆様のご参加をお待ちしております。

※なるべく事前に出欠をクラブハウス宛にお知らせくださいね!

(写真・愛さん  編集・垣内)

|

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »