« Piper PA28R-200 JA3510 | トップページ | セスナ機のSID »

2013年9月24日 (火)

斉藤さん追悼 機体カバー が到着致しました。

本年4月にクラブ員の斉藤進一さんが若くしてお亡くなりになりました。

8月には、追悼のラリー大会をご遺族を交えて開催したのですが、何とか斎藤さんの遺志をクラブに上手く残す手はないか??と斎藤さんの訓練仲間の皆さんと色々考えました。

ここ数年で入会された方には余り馴染みが無いでしょうが彼は、「JMGCマボロシの0期生」として勇士7名と3日間に及ぶ実地試験を約1か月半の集中訓練で挑む!という壮大な社会化実証試験(?)の生贄・・・いえ、パイオニアとして参戦したのです。

今となっては、JMGCでRF5で自家用免許を受験された最後の訓練生(今のところは「暫定」)ですが・・・・彼の訓練では、いろいろと逸話が生まれたり・・・試験では、かのO平スーパー大監督が試験官になったりと話題性タップリの奮闘でありました。

飛行機の操縦には・・・「知識」「技量」「経験」が必要不可欠なことは言うまでもありません。

しかし「決められた事を決められたように出来ない時」がある時にそれまでの様々な経験から「挑む」という熱意が無ければ何よりダメなのです。

つまり「訓練」は、出来るという事より「挑む」という楽しみ方が出来てこその醍醐味です。

彼の静かでありながら熱い「遺志」を今の訓練生にも分かって頂きたい!という事で藤沼教官(0期出身)と相談しクラブ員一同とJMGC(クラブとして)の共同でちょうど交換時期になっていたGROBの機体カバーの導入を決定致しました。

そして先週末に飛行場に導入されました。

Sdscf0752

久々にほつれの無い綺麗なカバーです。

そして機体の脇には・・・・斎藤さんからのコメントが??

Sdscf0750


Sdscf0746

JMGCの皆は、これからも彼の遺志を継いで力強く頑張ってまいります!!!

(飛行場:山本)

|

« Piper PA28R-200 JA3510 | トップページ | セスナ機のSID »

大利根近況番外編」カテゴリの記事