« フライトアシスタンスより | トップページ | 9月2日(月) »

2013年8月31日 (土)

8月31日(土)

あっという間に、明日から9月ですね。
15号はあっけなく低気圧に落ちぶれてしまい、関東は好天です。

せっかくきれいにお化粧したタンデムファルケJA907Bは台風が過ぎる来週に飛行場
へ出そうと思いましたが、明日、とりあえず飛行場へ出します。

水曜日9月4日はロータックスファルケが飛行場に出て、5日にはS10が飛行場にお目見え
します。(すぐ、秘密工場へ入れてしまいますが)

飛行場は今日も飛んでいます。

Dsc01508

しばらくお休みしていた JA09AWがAspenを装備して帰って来ました。
9月6日以降、クラブフライトに使います。
今日、試験飛行が行われました。
Dsc01511

Dsc01512

Rotax Falkeは佳境です。
Dsc01502

マークはなんだか怪しげな物を、社長命令で作らされています。
来週後半になんだか分かるようになります。
Dsc01515

Dsc01517

Cessna 172のSID (Supplimental Inspections Document)が始まります。

年を取ったセスナの機体に対して、セスナ社は特別な点検を要求しています。
とりあえず、この特別点検の初回は来年6月までに行わなければなりません。

点検の主な点は、取り付けボルト孔の内面クラックの検査と機体内部の腐食
の検査です。

先日、オリンパスに来てもらい、それぞれの検査機器の説明を受けました。
厚さの測定器とエディーカレントと言う検査機です。

腐食したアルミを100分の1単位で計測し、その後、FRPの外板も計ってみました。
Dsc01499

とりあえず、このセスナから始めます。
Dsc01514

(中澤愛一郎)

|

« フライトアシスタンスより | トップページ | 9月2日(月) »

大利根近況」カテゴリの記事