« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の記事

2013年5月27日 (月)

5月26日(2)

今日、宇都宮へ参加した増井さんからの報告と写真が届きましたので掲載します。

北宇都宮駐屯地40周年記念行事に参加してきました。

往路、取手~筑西まで視程3000以下でした。
進めば進むほど視程が悪化し、宇都宮までに視程が回復しなければ、
引き返すかSVFRをリクエストして降りようか、結構真剣に悩んでいました。
幸い、筑西を超えたあたりから視程が徐々に回復し、
予定通り宇都宮に到着することができました。

会場では終始、石川さんの詳細な解説があり、楽しむことができました。

また機会があれば、是非参加したいです。

JMGCクラブ員 増井

51_1

51_3

51_4

スカイホーネットチームの飛行

1

2

(写真 文:増井喬)

|

2013年5月26日 (日)

5月26日(日)

高曇りの予報が出ていましたが、結局、一日中気持の良い日でした。

大利根では、相変わらずグローブが飛び、プハッチが飛び、セスナはタンデムジャンプを持ちあげ、なんだかんだと一日中、飛んでいました。

2351は朝6時に増井/石川両君が大利根に集合、自衛隊宇都宮基地のページェントに参加しました。

私(中澤)は宇都宮とは反対に木更津基地で行われた防衛大学校のASK21の性能確認検査に行ってきました。

木更津基地内で準備中のASK21
Dsc00694

朝の大利根
Dsc_7253s

Grob G109B
Dsc_7256s

宇都宮基地では、、、、
13機のヘリコプターの編隊飛行
13_1

スカイホーネットチームのOH-6D
Oh6d

栃木県消防ヘリ
B412ep

宇都宮と来れば富士重工、FHIと来ればFA200
Fa2004
この4機全てはJMGCで整備しています。(ちょっと自慢。ゴメン)

さて、仕事中に後ろにつまづき、重い脳挫傷で一時は生命も危うく、良くて一生ベットでしょうと言われた、青木さんが奇跡的に生還しました。

久しぶりにじぶんで歩いて飛行場に遊びに来ました。
Dsc00697
みんなが回復を祝福しています。
早速、後席に乗っていました。
Dsc00705

青木さんご一行様
青木さんが入院中、仕事を助けた良くできた息子と友達です。
Dsc00726

左が良く出来た息子さん、右端が靴屋さんです。

「ハッハー女王様」とかしずいているわけではありません。
その靴屋さんが美幸ねーさんの足の型を取っています。
Dsc00701

グライダーは一日中バッタ飛びをしていました。
後席のブレーキのノブが抜けてしまいました。
以前、仙台で佐々木が修理した物だそうです。
Dsc00722

夕方、阿曽さんがグライダーでのソロに出ました。
Dsc00713

Photo

ソロでの着陸

1

いつでも、ファーストソロは嬉しい物です。

握手をする阿曽さんと小池さん。ファーストソロは練習生への信頼の証しです。

日も暮れる5時過ぎ、明日の準備でピッツが出てきました。
明日は耐空検査です。
Dsc00728

夜8時、工場から出る、佐々木と三科。
日々、変化するASK13の前で、しばしばグライダー談義が。
Dsc00732

(写真:美幸、山田進、 構成:中澤)

|

2013年5月25日 (土)

5月25日(土)

新橋の航空会館では日本飛行連盟の総会がありました。
中澤、秋永、山本が総会に出席、飛行場は佐々木が仕切っていました。

飛行場へは千昌夫さんが遊びに来ていました。
先日はCessna172XPに乗ってご満悦でしたが、今日はボナンザに乗っていました。

千さんご一行様と記念撮影
グライダーの前席は千さんのバックでバイオリンを演奏している女性です。
4

A36ボナンザに乗っていました。
6

13

明日は宇都宮飛行場でページェントがあり、増井/石川両君が参加します。
14

今日の曳航機は「カッキー」
15

(写真:浅尾 構成:中澤)

|

5月24日(金)

「飛行場検査とドクターヘリ」

今日は1年に1度の飛行場検査でした。
朝から、山本、佐々木、山崎と私で、トレーラーを移動し草刈りをしたり、飛行場の4角にある、標識を草の中から発掘したりと準備しました。

午後1時過ぎに検査官が来られ、幾つかの質問と点検が行われ、無事終了しました。

きれいになった、トレーラー廻り。
Dsc00691

Dsc00692

さて、飛行場検査も一段落したと休んでいると、1本の電話が、、、
「こちらは稲敷広域救急ですが、ドクターヘリが行きますのでよろしく」
早速、飛行場へ電話で手配を伝えました。
そうこうする間にヘリが着陸し、救急車も到着。にわかに慌ただしくなりました。
Dsc00679

Dsc00681

Dsc00690

河内町周辺のドクターヘリは大利根飛行場を使う事が増えたようです。

「おまけ」

三田はASK13の再生に余念がありません。
あまり見かけなくなった、橇を修理しています。
いろいろ手を入れると、見違えるようにきれいになります。
Dsc00676

Dsc00677

(中澤愛一郎)

|

2013年5月20日 (月)

5月19日(日)

結局、一日中良い天気でした。

染中さん企画のグライダーパイロットのためのパラシュート講習会の3回目は順調に推移しています。

それぞれに、いろいろな感想がありますが、やはり総じての感想は、「最初の1本目は何がなんだか分らないまま、気が付いたら傘が開いていた」と言う物でした。

常にパラシュートを身に付けているグライダーパイロットはパラシュートで降下する訓練が必ず必要なのではないかと感じられました。

パラシュート連盟の協力も得られ、大変有意義な企画だと思いました。

1コーカー、2コーカー、3コーカー、チェック、チェック
Dsc00661

パラブースは盛況です。
Dsc_0012

緊張の初降下
Dsc_0014

Dsc_0025

総じて、傘が開いてしまえば、その後のパス角の見当はうまい物だとの講評でした。
Dsc_0052

Dsc_0056

グローブはとっかえひっかえ、、、、、、、
Dsc_0004

Dsc_0008

そんな中、歌手の(陸前高田市、奥州市の観光大使を務める)千昌夫さんがお見えになりました。

30数年前には調布からちょくちょくFA200で来られていましたが、30数年ぶりでした。
セスナ172で楽しそうに遊んで行かれました。
Dsc00664

Dsc_0011

「おまけ」

ロイヤー号も元気です。
今日の隣は村田さん、いつもの150Ktと100Kmの速度差を楽しんでいます。
Dsc_0019

「おまけ 2」

工場では、、、、、、

電線と格闘中の三科
エッラソーに英語のマニュアルを片手に仕事をしています。
Dsc00655

現在、インターカムを配線中、次はAspenが待っています。
計器板の照明、コクピットライトの取り付け、無線機の取り付け、主脚の整備、、、、
とやる事はめじろ押しです。
Dsc00657

隣ではマークが某大学のASK21の配線を直しています。
歴代の学生のそれぞれの作品を統一しています。
Dsc00658

ASK13が再生中です。
三田の担当です。
Dsc00659

今年はASK13の完全オーバーホール、Ka6Eの主翼オーバーホール、
G109Bのオーバーホールと大きな作業が続く予定です。
最近、塗り替えは外国頼みになっていますが、自社での技術承継も大事です。
三科が1機まるまる担当し、経験してから、ドイツへ留学と考えています。

(中澤愛一郎)

|

2013年5月19日 (日)

5月18日(土)

天気予報はあまり良くない天気を予想していましたが、1日気持ち良く晴れました。

相変わらず、多くのクラブ員が飛んでいました。

今日は「グライダーパイロットのためのパラシュート講習会」がありました。

ゴーグルも凛々しい村田さんです。
Dsc_7013s

首謀者の染中さん。(アヤシイ)
Dsc_7025s

もう一枚、あやしい写真を、、、、、
大利根のスタッフどもです。
2013051816160000

こちらは、タンデムジャンプ。
Dsc_7006s

タンデムジャンプの「かまた」さん。笑顔が素敵です。
2013051816200000

並木先生と甥っ子さんです。
2013051816180000

私(中澤)は18日の午前中はなんとかなるかと、前日17日夜に上諏訪へ移動しました。
車中での食事です。ちょうど、スロベニアのサーニャねーさんからメールが届いたので、
今こんなことをしているよと写真を送りました。
Dsc00648

サーニャさんからは、

That looks nice! Enjoy...
Ksenija Novak
Glider Service Franc Novak s.p.
と言う返事がありました。

と言うわけで、土曜日は霧ヶ峰に居ました。
きれいに仕上がったASK13です。
Dsc00649

(写真:ケイブン、美幸、 構成:中澤)

|

2013年5月16日 (木)

5月15日(水)

「特定操縦技能審査」

5月15日 大利根飛行場では、「特定操縦技能審査」に関わる「技能審査員」の実地試験が
行われました。
被験者は、山本と佐々木が飛行機の技能審査員の審査を受験し、合格しました。

実地試験でしたので、写真を撮るわけにも行かず、写真の無い記事で、少々長いですが、お読み下さい。

日本の航空機の操縦士として、始めてのバイアニュアルであり、民間でのチェックでできる所が画期的と言えます。

むしろ、今までバイアニュアル制度(アメリカ、ドイツ、フランス、オーストラリア等のバイアニュアルとはちょっと異なりますが)が無かった事がむしろ世界的に見て変でした。

今後、日本飛行連盟と日本モーターグライダークラブは相互に協力しながら、この制度を積極的に取り入れ、より安全なパイロットができるようにして行きたいと思います。

昨日受験した山本から以下の記事が寄せられましたので、参考にして下さい。

私は、「操縦教員」の資格を持っていますので「特定操縦技能審査員(滑空機)」を
取得しております。が、今回の受験をして思った率直な感想は、「やって良かった!」でした。
私は、(社)日本飛行連盟の理事としてこの制度立ち上げの時期より航空局との会議で比較的この
制度について知りうる立場におりました。
制度がスタートし既に「審査員」の資格を持ちながら今回の受験をしたわけですが、正直、今回の
受験をしていなければ少し違った「審査」を行っていたかもしれないと感じてしまうほど有意義な
試験であったと思います。

平成24年4月1日に「特定操縦技能審査」が正式にスタート致しました。

「特定操縦技能審査」とは、日本国の発行する「操縦士(技能証明)」を所持する者は、
「機長」として飛行を行う場合には、飛行を行おうとする日以前、2年間以内に「特定操縦技能審査」
を受験し、「合格」している事を求める法律です。
現在、日本にいる全ての操縦士は、自動的に平成26年3月31日までの間「機長」として飛行する
事が出来ますが、平成26年4月1日以降に「機長」として飛行を行う場合にはこの「特定操縦技能審査」
を受験し「合格」する必要があります。
(注:概略を説明しています。平成26年3月31日までに限定変更、上級資格或は、外国ライセンスの書き換え等
により発行された場合などは期間変わる事があります。)

そして何より、この「特定操縦技能審査」は、民間の「審査員」によって行われる事になります。

アメリカなどでライセンスを取られた方は、「バイ アニュアル」などの制度がある事をご存じだと思いますが、
つまり諸外国と同じように「審査」は必要だが、審査は「民間」が行うと言うことが日本での航空行政に取って
一番大きな事柄と言えます。

日本では、特に自家用の操縦士免許は、一部の「指定養成制度」を除けばすべてCABが管理しています。
「バイ アニュアル制度」を設けている国では、民間の試験員が存在し免許の発行を民間が行っております。
今回は、国の試験官が審査して国が発行した「免許」(正しくは技能証明)を民間が審査して「合格」でなければ、機長としての飛行ができない」という制度となったのです。

そして「審査員」の資格とは、今までのCABライセンスのラインナップが「〜をして良いですよ」という物から人を見極める」という「資格」にグレードアップした点にあります。
一言で言えばそう言う事ですが、これに似た「操縦教員」は人に教えるのが本筋ですから「間違いを犯さない様に指導し、コメントし、示唆し、指導する」事をモットーとします。
「審査員」は、基本的に「見る人」であり「助言」や「指導」をしない人です。

「やる人」と「見る人」の違いは極めて大きな違いと言えます。

「教官」は、常に「やれて」・・・間違いを犯しそうなら助言し理解させる事によって・・或は、自らが操縦し「展示」する事が出来ます。
「審査員」は、「見る事が仕事」であり、「手を出すこと」は、殆んど「危険行為の是正」であり「不合格」要因になります。
この差は、極めて重要であると共に正に「明暗」を分ける大きな違いとなります。

しかしながら今回の「特定操縦技能審査」は、飽くまでも「操縦」に対する興味の高揚、技能維持の重要性、そして航空に対するモチベーションの維持が極めて重要な要件であり、被審査者(つまり受験生)のプライドを傷つけたり、或は、「審査員」の権威を象徴するような物ではありません。

これは現実に「審査員」が審査を開始すると常に悩まなければならない大きな課題になると思います。

一方、これから審査を受けなければならない人達にも朗報があります。正直、もうちょっとやらなきゃ行けないんでない?
と思うほど「審査の中身」は、簡単です。「自家用レベル」を謳っていた今回の審査ですが・・・正直、かなり「簡単」な感じがします。「飛行機」「滑空機」での受験では・・・恐らく30分以内のフライトで完結できる「飛行内容」である事が分かりました。

現在、再検討中ですが・・・「口述審査」の中身も「簡便」に出来ると思いました。
「簡単」ではないですよ!「簡便に!」です。

今回の受験を機に今回の制度に対する「取り組み」と「方向性」の確立が出来たような気がします。

今後、クラブ員内に「審査員」を増やす決意が出来ました。「審査員」を希望される方には、どしどし「受験」して頂こうと思います。それと同時に「日本飛行連盟」として地方の航空機運航者(オーナー機などの運営者)等に講師の派遣と審査員の取得のアドバイス・訓練を行える準備に入りたいと思います。

えっ! 試験の結果は?・・・・そうでした・・・一応、最低ラインで「合格」を頂きました。

久しく、試験の為の勉強を自らがしていなかったので凛とするような「高揚感」を味わう事ができました。

(山本俊平)

|

2013年5月13日 (月)

5月12日(日)

一日中、気持の良い日でした。

クラブフライトの間、ヤンターの耐空検査、ピッツの社内飛行が行われました。

ハスキーが準備される傍ら、ヤンターが曳航の準備中です。
Dsc_6857s

ここのところ、飛べば5時間以上帰って来なく、常に300Km以上飛んでいるようです。
Dsc_6875s

こちらは地道にグライダーの練習です。
Dsc_6881s

こちらも地道に着陸の練習!!
Dsc_6891s

名古屋常駐のピッツは耐空検査です。
Dsc_6903s

そんな中、山崎は九州へデリバリーのトレーラーを有明埠頭まで運んで行きました。
Dsc00620

Dsc00619

Dsc00622

(写真:けいぶん 構成:中澤)

|

2013年5月11日 (土)

5月11日(土)

朝から雨の土曜日です。

大型連休から引き続いてのこの1週間は、ともすれば曜日が分からなくなります。

今日ははるばるスロベニアのグライダーサービス・ノバクのサーニャねーさんから送られたG109Bとガパが届きました。

ガパがなんでいっしょに入っているかと言うと、仙台の宮城県航空協会が購入し、運ぶ手だてが無いかとの問い合わせに、スロベニアまで持ってくれば一緒に持って来られるよと言ったのが始まりでした。ガパはポーランドからスロベニアまで、雪の中を陸送されて来たのです。

雨なので、滑走路の上での解梱です。
Dsc00606

コンテナー内部
Dsc00607

「ガパ」です。
Dsc00610

見違えるようにきれいになった JA09AW
Dsc00612

Dsc00613
今後、エンジン、プロペラが取付けられ、Aspenと
GPSが装備され、飛行場に出てきます。

コクピットにはお土産が、、、、、、
Dsc00617

(中澤愛一郎)

|

飛騨高山

「飛騨エアーパーク」

飛騨エアーパークで合宿をして、「山飛び」を楽しんでいる中航連の伊藤さんから写真が届きました。

中航連は飛騨エアパークでの活動が15年目を迎えました。
今年は去年に引き続きビッグデイに恵まれず、1日だけのチャンスを
何とかものにでき、ピュアで北アルプスの最深部である剱岳まで到達できました。
色々御支援頂いた賜です。ありがとうございました。

4月29日1321離陸、1551着陸でした。
当日はウェーブコンディションで長野は大賑わいでした。

剱岳山頂
P1060030

室道と雪の大谷
P1060055

先行機の5M
P1060058

(写真、文:いとうけんじ 構成:中澤愛一郎)

|

2013年5月 8日 (水)

5月7日(月)

「GWの写真」

まだ取った写真がありましたので、掲載します。

こんなこともやります。[AIP]の差し替えです。
Dsc00580

L33の耐空検査はお知らせしましたが、、、、、
Dsc00582

何時も仲の良い、小野さんのカップル
Dsc00584

こちらは久しぶりのカップル、染/シゲ
Dsc00589

機体には所定の場所に所定のシールを張らなければなりません。
そのシールの内容と場所は飛行規程の第2章に記載されています。

その仕事はたいがい美幸ねーさんです。
Dsc00594

パラシュート競技会の表彰式
Dsc00597

Dsc00598

「おまけ」

オーストラリア、アデレードのARAのヨーク・ハッカーとシャクティーがオーストラリアへ帰国しました。

我々とは色々な打ち合わせが有りますので、成田空港で見送りがてら、会いました。

左から、ヨーク、秋永、シャクティー、美幸です。
この後すぐに佐々木も来ました。
ドイツで見たきたS10を紹介してくれたのが、ヨークです。
ヨークはやはりS10を使って、クラウス・オールマンと何かやるそうです。
Dsc00604

シャクティーは魅力的な女性で、インド舞踊家です。
日本でのコンサートの時はヨークは舞台コントロール係だそうです。

シャクティーに興味のある方は、http://www.shakti.jp/をご覧ください。
(職場では開けない方が良いと思います。気を付けて)

(中澤愛一郎)

|

2013年5月 6日 (月)

5月6日(月)

GW最終日、ちょっと風が出る予想で、さすがに鈍い出足でした。

それでも、グローブは飛びます。
002

昨日は妻沼からASK21が空輸され、今日は関宿からグローブG103が空輸されてきました。
多少の整備作業が有ります。
001

桶川の浜尾さんから電話が、、、、4機で行きたいんだけど、、、、、
耐空検査の機体とちょっとした修理の機体を運ぶついでにみんなが遊びに来てくれました。
4機の桶川からのFA200と大利根にある4機のFA200,計8機のFA200が集まりました。
004

005

クラブハウス前では早速、打ち合わせが始まりました。
006

その後、クラブハウス内はテモチブタサンでした。
Dsc_6775s

今年のGWは天候に恵まれました。
GW前半はツアー、後半はパラシュートが賑わっていました。

(写真:ケイブン 構成:中澤愛一郎)

|

2013年5月 5日 (日)

5月5日(日)第2弾

ケイブンさんから今日の写真が届きました。

ソルジャー小林君のジャンプです。
これで、自動傘卒業だそうです。
次からは、リップコードを自分で引きます。
001

ソルジャーのアプローチ
002

今日もSF25Bは飛びます。
004a20gm

パラシュート競技会の閉会式に行くセスナに便乗する二人。
006

パラシュート競技会後の記念撮影
007

プハッチも元気です。
008

LET33の耐空検査が行われました。
009l33

(写真:鈴木ケイブン 構成:中澤愛一郎)

|

5月5日 子供の日

今年のGWは、本当に天気の良い日が続きます!!!

今日もスカイダイビングの日本選手権が開催されていました。

本日が決勝戦でした。

20130505_095635
井上君は、朝の磨きが良かったので・・・・何と6時間のフライトだったそうです。

南アルプスに進出!!

Dscf0032

井上君からの写真を頂きました!!気持ちよさそう!!


20130505_095855
ガスターは、お勤め先のお友達と飛行場散策!!

20130505_174744
午後の最終便で「大島往復」を敢行されました!

20130505_095931
こちらは「佐渡便」

さてスカイダイビングの日本選手権ですが・・・3500Ft上空からゲンコツ一握り程度の「的」を狙います。ピンポイントの勝負なので踵につけた「ポチ」で的を射抜きに降下してきます。

20130505_1001171
こうやって足を使って・・・・・・・

20130505_1001172
「でしっ」っと的を射抜きます!!!

一歩間違うとドエリャー事になります。

その他の飛行場らしい飛行場風景!!

20130505_100248
PJE母機!!

20130505_100417
頑張るグローブ!

20130505_100948
荒川さんのグローブ

20130505_143943

グライダーの体験搭乗も!!!何故か人が群がる!!

この他にも、長崎紀行から帰ってきた村田さん!

朝早くに松本に出かけた「戸辺・もぐじー組」妻沼からのグライダーフェリーなどなど

今日一日のフリートのフライト時間合計は、28時間37分でした。(井上君のアルプス紀行は、クラブフリートなので入ってません。)

皆様、お疲れ様でした。

明日は、午後から南風が強くなりそうですが、GWの締めくくりです。

(飛行場:山本)


|

2013年5月 4日 (土)

5月4日 土曜日

本日も大利根は、非常に良い天気でした!!

出足も早く次ぐ次と機体がフライトに移ります。

今日は、人物系にスポットを当てつつ写真ダイジェストでお送り致します。

Dsc00380
ロイヤーは、新兵器を購入!飛行場で実験します!

Dsc00383_2
給油作業中!!


Dsc00385_2
今日も1日パラジャンです。
Dsc00388
今日も遠出!本日のお題は「ソアリング!」

Dsc00390
オーナーたるもの「自分のスポットの手入れも特権」です。

Dsc00393_2
外部点検!


Dsc00396
タンデムファルケも出動!!

Dsc00404
午前中・・・ちょっとした会話から出張曳航に出かけておりました。

Dsc00413_2
パラジャンは、本日29回!!成田TCA(東京TCA、成田セクター)の皆様!!

1日お世話になりました。明日もよろしくお願い致します(mOm)

今回のGW・・・去年とは裏腹に完璧な天候が続いております!

明日も1日がんばるぞ!!

(飛行場:山本)



|

2013年5月 3日 (金)

5月3日 憲法記念日

さて、GW後半戦がスタートしました。

天気は申し分なく晴れ渡り日中は、基本的にフライト日和でした!!!

それとなく忙しく・・・一つ一つのエピソードを語れないのですが(首は突っ込んでるが真面目にに聞いてない状況でしたので)写真だけダイジェストでお送りします!

20130503_112055
パラシュート部隊は、本日から日本選手権です。

20130503_115856


20130503_120303
「五月蠅」と書いて「何て読むのか??」今日は、世界一だ!と興奮していました!

20130503_122223
グローブも元気です!

20130503_123258
選手権の一コマ!

20130503_123333
選手権の一コマ(パート2)

20130503_125104
25Bは、5マイルの遠出に出発!

20130503_170315
昨日に引き続き「RJSF」に遠征班が出ていきました。

帰ってきたら化け物になってました。

20130503_172407
飛行場の一コマ

20130503_172536
昼間遊びに来ていたスーパーディモナがローパスして帰っていきます!

20130503_181325
戦い終わらないで・・・日は、くれないで・・・・・・!!

忙しかったけど・・・楽しい一日でした!!!

|

5月2日(木)第3弾

ドイツへ行っていた秋永と佐々木が帰ってきました。

フリードリッヒスハーフェンでのメッセと「G+K社」、「FSB社」「シュテメ」を回って来た秋永と佐々木が帰ってきました。

それなりに成果が有ったようです。

私(中澤)自身はその中で、スロバキア製WT9ダイナミックのグライダー曳航機に大変興味があります。Duo Discusを曳いて3m/sで上昇し、単機では12m/sの上昇力だそうです。
騒音値も低く、経費も安くすみます。

帰って来た佐々木と旅行中何くれと無く世話をしてくれた村上さん。
Dsc00507

Dsc01767

特徴のあるシュテメの主脚です。
Dsc02080

(中澤愛一郎)

|

5月2日(木)第2弾

第1弾で5月2日の概略をお伝えしましたが、ついでに私(中澤)からも、、、、、、

2日はお伝えした通り、耐空検査が2機ありました。
それぞれが曰く因縁(?)のある機体ですので、操縦者が誰でも良いと言うわけには行きません。

第一はASW15,往年の名機ですが、さすがに現代のグライダーに比べると「クセ」が有ります。
と言うわけで、経験豊かな小池さんにテストパイロットをお願いしました。

Dsc00501

このASW15ははるか以前、何の情報も材料も無い時代に日本国内で修理されていましたが、今回その部分の再修理と言うことで工場に入ってきました。
先人の苦労が偲ばれる機体です。
また、マークはオーストラリアにこの機体と4番違いの機体を持っていて、思い入れが有ります。
Dsc00518

と言うことがあって、ASW15は離陸して行きました。
Dsc00526

さて、それを聞きつけた「瀬尾師匠」が久々の登場です。
早速、空撮が行われました。
_dsp9798d

久しぶりな空撮の写真です。
ついでに、プハッチ
_dsp9930d

さて、もう一機はN大学のLS8。と来ればO監督の登場です。

O監督,瀬尾師匠と2人の巨匠のそろい踏みでした。
クラブハウス前は戦々恐々としていました。(ウソです。)

なんだか怪しい後ろ姿を一枚。
Dsc00551

Dsc00512

パラシュートも一日中降りていました。
3日から大会です。
Dsc00540

セスナは一日中、染ちゃんが、、、、
Dsc00529

春風に誘われて、25B、28Aも、、、、
Dsc00544

Dsc00547

「おまけ」

工場ではまた作業が変わりました。
ザキヤマ山崎はL33の整備を任されています。
Dsc00554

マークはASH25に復帰。6年点検で燃料パイプの交換を行っています。
Dsc00552

三田はKa6Eの残り仕事、トレーラーの解体です。
なんとも味のある木製のトレーラーが現れています。
Dsc00558

(中澤愛一郎)

|

2013年5月 2日 (木)

5月2日 その1

GW後半戦を間近に控えた本日の大利根飛行場!

朝方は、残りすぎた寒気のおかげで雨交じりで雲も低く・・・パラジャン、グライダーの耐空検査など・・・全てが、スタンバイスタートになりました。

11時!雲が一気に晴れてスタートです!

20130502_121411

まずは、昨日に引き続きパラジャンです。明日から全国大会が始まります!!

去年は、季節外れの冠水騒ぎがありましたが今年は、大丈夫そうです!

20130502_121416
こちらは、グライダーの耐空検査 ASW15とLS8 新旧のグライダーがそろいました!

20130502_144733
グライダーの耐空検査も無事に終わり今度は、グライダー訓練が始まります!!

瀬尾さんが久しぶりにご来場になりましてW15、プハッチの撮影会もありました。

何かいろいろ忙しくて写真がこれしかありません。

恐らく、その2、その3がアップされるでしょう!!

明日からGW後半戦!アゲテ行きますよ~~~

(飛行場:山本俊平)



|

2013年5月 1日 (水)

5月1日 水曜日

今日から5月です。春本番!!荒天からの卒業であります。

本日は、GWの中休みでお仕事の方も多かったのでは?という一日でしたが、パラジャン、飛行機、モグラというラインナップです。

20130501_112256
朝一番は、4065体験搭乗でした!!

朝2番・・・タンデムのパラシュート!

20130501_121704

何だか「嬉しそうです!」降下30秒前!!!

春本番!と言っても上空は、まだ寒いのです!

20130501_121701

6000Ftは、約0度です。もっとも今日は、地上も寒かったですけどね!昨晩の寒冷前線の通過で上空は、寒気が入っています。

今日よりも明日の方が天気が良さそうですから・・・グライダーの皆様は、どうされますかね??

モグラ組は??

20130501_145528

本日、入会の「鈴木さん」の初訓練でした!

それにしても「鈴木さん」JMGCで何人いるのでしょうか?

獣医さん、タヌキ、タブに・・・・・ちなみに猿楽さんと同じ会社にお務めだとか??

「おまけ」

抜け出してきたから顔は、うつさないで!!

20130501_145602
新しい係留方法を思いつき・・・思いついたらやりたくて・・・だから・・・??

先週までの天気予報だと本日は、飛べそうもありませんでしたが・・東風・・R/W07正対という絶好の訓練日和となりました。

明日も色々忙しくなりそうです!!

(飛行場:山本俊平)






|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »