« 6月27日(水) | トップページ | 7月4日(水) »

2012年7月 2日 (月)

6月30日(土)7月1日(日)

6月最後の土曜日と7月最初の日曜日共々、あまりパッとした日ではありませんでした。
天気予報と違い、結局2日とも飛べたのですが、、、、、

飛行場の草はこれでもかと言う勢いで伸びます。
草地に係留してある機体が少しの期間飛ばないだけでも、草はあっと言う間に伸びてしまいます。

トラクターが引っ張る草刈り機を筆頭に草刈りが行われています。
先週の平日には滑走路の割れ目から生えている草に除草剤がかけられていました。
それぞれにタイミングがあるようで、「今日」と言う日にまかれている様です。

なんとなく、「3XXトリオ」みたいな3人組が、後ろ向きに散布していると、「ウ〜〜〜〜気持悪い、酔っちゃった」と言いつつ作業をしていました。
Dsc_0003

Dsc_0012

細かい所は、
Dsc_0038

手刈りをする場合は、
Dsc_0044

飛行場の教官は、草を見ただけでどんな草刈り機が必要か分からなければ行けません。
教育証明の質問にも入っています。(ウソです。)

土曜日、日曜日の風景

クラブハウス内では、、、、それぞれがそれぞれに、、、、、
Dsc_0017
実地試験の伸びている藤沼さんは、「まな板の鯉が腐っちゃう」と言いつつ、
訓練飛行に出かけて行きました。

パイロットの実地試験は天候に左右され、天候が悪いと、たいがい次の月まで伸びてしまいます。これが何ヶ月か続くと、モチベーションが維持できなくなってしまいます。
また、その間、乗らないわけにも行か無いので、出費もバカになりません。
せめて、翌週ぐらいに出来れば良いのですが、、、、、

2351は相変わらずのT/Gです。
Dsc_0020

台木/佐々木のコンビでセスナ172が飛んでいました。
Dsc_0033

来週水曜日の耐空検査の整備が終わったPiper PA-28-140が社内飛行をしていました。
Dsc_0042    

第1工場では、多少の動きがありました。

マークが担当していたDG505MBの作業が終わり、天候待ちの状態になり、
次の仕事、ASH25Mのパワープラントの交換作業を行っています。
Img_9182
エンジン、プロペラが新品になります。

しばらく実地試験で中断していたG109Bの作業が再開されました。
とりあえず、グローブ社のSBの垂直安定板に点検孔を開けています。
Img_9159
表と裏側のスキンの間のフォーム材を削り取り、代わりにコットンフロックを入れた樹脂
を詰めています。
Img_9164

三田が担当のG109Bの修理です。
Img_9179

No.5 ロイヤー工場から移ったタンデムファルケは耐空検査の準備作業が始まりました。
トランスポンダーとブラインドエンコーダーが取付けられます。
Img_9181

だれかさんが担当のRF5の計器板です。
土曜日と日曜日で多少進みました。
Img_9178

(文:中澤愛一郎 写真:小野寺美幸)

|

« 6月27日(水) | トップページ | 7月4日(水) »

大利根近況」カテゴリの記事