« 9月3日 その2 大利根冠水情報 2 | トップページ | 9月4日 大利根冠水情報  »

2011年9月 4日 (日)

人の力 (利根川増水対策に学ぶ)

既に皆様ご承知のように大利根飛行場は、台風12号の接近に伴う利根川の増水により飛行場が冠水してます。

冠水=水につかる=今まで飛行場だったところが川の一部になる。

という事です。飛行場での生活が豊かになるように・・・様々な用具やクラブハウスなどが設置されていますが、川の一部になってしまうと大変な事に・・・つまり流れちゃいますから撤収作業を行わなければなりません。

飛行機を撤収、車類を撤収・・・どの作業にも時間と人の力が必要になります。

これ覚えてます?

Photo

右じゃないですよ左の方・・・10年前までJMGCのクラブハウスとして使われていたJMGCクラブハウス2号です。トレーラーの上にプレハブ小屋が載っています。

10年前に現在のクラブハウスに代わり長い間、第2工場の部品置き場として使われていました。

現在は、JMGCのおとなりAFJさんに永久貸与として第2の人生を歩み始めたのです。

しかし・・・今回の増水騒ぎ・・・あれ動かすの・・・心配だね~~~どうする。

当時の栗橋 5.0m越え・・・・取りあえず駐機場まで動かすべ!

普通にやれば30分の仕事!

飛行場の撤収仕事は、どんなに頑張っても一人ではできません。

多くの人々の手と知恵が必要なんですよ~ね~ ”ズゴ~~~~ン・・・バキ・・・ごっごごごご~”

なんだ・・・・・

職員A 唖然

職員B 茫然

職員C 自失

職員D 「・・・・・」

職員E あ~だから心配だったんだ~

一同 心配ってこっち???

B1

何が変??

ココが変!!!!!

B2

右のタイヤのシャフトがポッキリ!

あわててジャッキアップで水平を立て直します!!!

上げすぎて反対側・・・大丈夫??

そんな事構ってられません!

曲がってしまったサポートバー・・・折れたシャフト

引っ張ったり・押したり・ジャッキを咬ましたり

少しずつ元に戻していきます。

B3

人の力・・・まずは、数です。

人の力・・・知恵です。

人の力・・・技術だったのです。

B4_2

何とかシャフトの芯を出すことに成功!マイスター三田が現場で一気に溶接です。

ガキッ!ボキ・・ゴゴゴ~から3時間、当初のの予定の地にクラブハウス2世号が鎮座しました。

B5_2

人の力・・・やっぱり最後は、チームワーク

毎回感じます。大変なのは大変なんだけど一つ屋根の下に働く者同士の「絆」を・・・

(大利根よもやま話担当:山本)

|

« 9月3日 その2 大利根冠水情報 2 | トップページ | 9月4日 大利根冠水情報  »

大利根近況番外編」カテゴリの記事