« 12月19日(日) | トップページ | 12月23日 »

2010年12月23日 (木)

12月22日(水)

「BBがBBを曳航!!」

今日は午後から、あのリベレを製作したグラスフリューゲルの機体をチェコのHpHが製作を引き継いだ「304」JA21BBの耐空検査でした。

曳航機は89BB、グライダーは21BBとどちらもBBで紛らわしい事と相成りました。

かつてのグラスフリューゲルの創始者はなかなかユニークな機体を世に出し続けました。
また、一説には、偶然、シェンプヒルト社を見つけてそこで修行したと言う話も有ります。

私がはじめてドイツへ行った時に両社を訪れたことがありました。距離的にもすごく近い所にありました。
このころはドイツもなかなかおもしろい時代でした。

5年後にシェンプヒルトに言った時には、グラスフリューゲルに居たフーリュスト氏はシェンプヒルトで元気にしていました。

私はスタンダードリベレが大好きですけれど、この304も血を引いているだけに、大変味のある良い機体です。

今回は、ウインチ・レリーズを付けました。

Img_4360

Img_4361

最大の特徴である、フラップとスポイラー
Img_4362

曳航機89BBが21BBを曳航します。

Img_4364

(文、写真:中澤)

|

« 12月19日(日) | トップページ | 12月23日 »

大利根近況」カテゴリの記事