« 台風9号と利根川の水位 | トップページ | 台風第9号 第3報 »

2009年8月11日 (火)

台風9号第2報

8月11日(火)

栗橋の水位もたいしたことも無く、すでにピークを迎えているので、内心、「マー大丈夫ダベ」
と思いつつ、少し早めに家を出ました。
小貝川を渡る時に「アレ」っと思い、栄橋でその気持は確信に変わりました。
栗橋の水位とはかなり様相が異なり、川の増水は結構多いのです。

飛行場班は昨晩から連絡を取り合い、警戒態勢に入っていました。「カッキー」と「タヌパパ」が助っ人パイロットで来てくれていました。(感謝!!)

9時には、25側には水が入っていました。
結局、上流側にはたいして降らなかったのですが、下流には結構降ったのです。

9時のRW25です。
Img_0956












下流が降ったのですが、栗橋は3.94mをピークに減り始めています。
昼間だし、パイロットはいっぱい居ることだし、と言うことで様子を見ることにしました。
しかし、物理的に飛べない飛行機と法律的に飛べない飛行機を第二工場へ避難させました。
耐空証明が切れたロバンを工場へ移動しました。
Img_0019s












物理的に飛べない、アローも工場へ、、、
Img_0961












増水の状況をパトカーも見に来ました。
さすがに、白線の左側を走っていました。
我々が滑走路を走る時は、なんとなく白線をまたいでいないですかね。
ナンバープレートの無い、飛行機運搬トラックの脇を走り抜けていました。
Img_0022s












午後1時にピークを迎えました。
Img_0041s












第3報に続きます。


|

« 台風9号と利根川の水位 | トップページ | 台風第9号 第3報 »

大利根近況」カテゴリの記事