2018年5月16日 (水)

5月14日(土曜日)

◆IS28快調

以前記事でご紹介したとおり、新しくIS28 M2/GRのオーナーになられた染谷さん。
今日もやる気満点で朝から大利根にご登場です。

まず午前中は、大利根を離陸して一路西へ。
東京西部にある雲取山を目指します。
Th_img_4596

横田の空域を過ぎると、染谷さんは登山がご趣味との事で、目前の山の名前をみんなご存じです。すごいです。
やがていつも奥多摩湖に車停めて3時間かかる雲取山山頂まで、大利根からたった55分で到着。

山頂でUターン。富士山もキレイでした。
Th_img_4608

1+45で大利根帰着。午後はパターン回って練習の予定・・・でしたが。

◆わ、忘れた・・・

中澤です。
12日土曜日の私のデューティーは妻沼滑空場での滞空検査でした。

愛   : 「 明日、僕は妻沼で午前中耐空検査だよ。」
三科:「それなら、ついでに中央大学のASK21の修理が終わっているから、持ってってくださいよ。」

とタダでは行かせてくれません。しかも、

三科:「ついでに、帰りにこの間運んだトレーラーの仮ナンバー持って帰って来てくださいね。」

とさらにミッション追加です。
さて、妻沼を往復して、昼過ぎの事務所で一息入れていたところ。

三科 :  「愛さん仮ナンバーどこすか?月曜には龍ヶ崎市役所に返さなきゃなんで。」
  愛  :  「・・・・・]
三科 :  「もしかして・・?」
  愛  :  「忘れた・・・」
三科 :   「どうするんですか??(詰問調)」

しかし、そこはただでは起きない愛ちゃん。

ここは今売り出し中のIS28の「JA 21HE」の登場!とばかり、パイロットの垣内さん、オーナーの染谷さん、妻沼の中村さんにそれぞれ許可を取って、妻沼滑空場にIS28で仮ナンバーを取りに行ってもらう事にしました。(喜)。


◆という訳で

そういう事で染谷さん、午後は急遽妻沼へ往復する事に。
(編者注・・・妻沼ミッションのフライトは、画像とってるヒマありませんでした笑)

17時過ぎ、無事大利根に着陸し、仮ナンバーは無事三ちゃんに手に。
しかし染谷さんはさらに日没前までパターンを回って練習。
Th_img_4616

結局今日は3+40のフライトを楽しまれました。
これからもどんどん飛んでくださいね!


(編集・垣内)



|

2018年5月14日 (月)

5月10日(木曜日)

◆指定養成施設 平成30年度 第1期 大利根コース

話しは遡って、昨年の秋頃。
栃木県鬼怒川河川敷にある氏家滑空場で活動している宇都宮大学滑空部の監督である加藤さんから、2名の学生を対象とした自家用ライセンスの取得について愛さんへ相談がありました。

彼らはほとんどがウインチ曳航ですが単独飛行50回の経験を有していました。
折しも、JMGCが滑空協会の指定養成施設に加入する話もあり、技量を短期間にまとめてしまいましょう、と意気投合しました。

3月前後に大利根飛行場と航空機曳航への慣熟の為、14回の練習飛行を実施後、4月8日の入所審査に合格して、指定養成コースが始まりました。
基本シラバスである座学12時間、フライト10回を経て、5月5日に自家用ライセンシーとなりました。
途中、南西強風で飛行できない等、全てが予定通りとはいきませんでしたが、JMGCメンバーとして活動を開始して、2ヶ月強で本願成就です。指定養成施設のメリットを最大限生かした好事例となりました。

Image1
(左から)玉中技能審査員(JMGC会員)、松崎勇也さん(社会人1年生)、小林教官、高野健太郎さん   (大学院1年生)、鈴木管理者(元JMGC教官)、小池(今回は技能審査員ではなく、立会教官)

Img_3717
愛さんを囲んだクラブハウス前での“恒例の集合写真”

Th_img_4570
新しいグライダーパイロットの誕生です。おめでとう!

(写真、文/小池さん)

|

2018年5月 8日 (火)

5月8日(火曜日) IS28 M2/GR 復活!

◆新オーナーとご対面

かつて大利根ではそのカラーリングから「新撰組」と呼ばれ、腕に覚えのあるライセンサーが楽しんでいたルーマニア製のモータグライダー、「IS28 M2/GR」。
新しいオーナー染谷さんにより、 装いも新たに戻ってきました。

全金属製、引き込み脚、定速ピッチ。めちゃカッコいいです。
Th_img_4556

スパルタンな計器盤。
Th_img_4558

オーナーがさっそく地上で感触を確かめています。
Th_img_4553

まずは失礼して、右席要員が愛さんと共に慣熟FLT。
Img_7418

その後、晴れてオーナー染谷さんの初フライトと相成りました。
オーナー、決まってます!
Th_img_4563

染谷さんは初日の今日、2+30のフライトを楽しまれました。

◆いろいろ調整中

翌日もオーナーはご自分の機体でフライトです。
およそ1時間ほど楽しんでいただいた後、今度は小池さんが慣熟TGL。
吹きすさぶ強風のなか、物ともせずにチェックアウトされました。さすが過ぎます。

ところで、数年ぶりに空に戻ってきたこの機体。多少調整事項が残っています。
JMGCが誇る整備士(黒)と、あくまで自然体で業務にあたるシャチョー(白)の様子はこちら。
Th_img_4576
目の前の光景に、やや不安そうなオーナーの心中や如何に。

さて、調整が終わり、テストフライトです。
さっきにもまして強風が荒れ狂う空へマサシ氏が飛び上がります。

メチャ揺れます。速度計が50km/hくらいの幅で踊ってます。
Th_img_4582
それでもマサシ氏はプロなので、着々と仕事をこなします。
かと思うと、やおらエンジンを止めてハイバンクでまわりはじめました。
Th_img_4586
・・・ソアリングしてました(笑)。
ともあれ、こうして着々と調整や慣熟が進み、このIS28が染谷オーナーのよい相棒となる日も近そうです。


(編集・垣内)



|

«5月5日(土曜日)