2017年3月23日 (木)

3月20日(月曜日)ソルジャ初めてのおつかい

◆ダブルブッキング大魔王とソルジャーの初めてのお使い

私(中澤)は人からの頼まれごとは多少無理をしてでも受け入れる傾向にあります。
(これを別名:安請け合いとも言いますが・・・)
もともと関宿滑空場で、ある機体に部品を取り付ける作業があり三科と行くことになっていました。そこへ宇都宮大学航空部の加藤監督から「耐空検査に来てくれないか」との要請がありました。
関宿が終わったのち車を飛ばせば午後に行けるかと考えたのですが、よく考えるとどうも一抹の不安が・・・ 妻沼の中村さんに電話すると、「20日待ってますね(喜)」とのこと。
つまり、見事なトリプルブッキングでした。

どれもこれも、それぞれに事情を抱えて「20日」という日に設定されたわけですから、どれも断ることができません。
天気は良さそうだし、モーターグライダーで移動できればなんとかなると思いついたところ、目の前にいたのが、最近売り出し中の小林マコちゃん、別名、ソルジャー小林くんでした。

「明日、僕を乗っけて、関宿と妻沼、それから氏家に行ってもらいたいんだけど。行ってくれる?」
と聞いたところ、一瞬、ソルジャーの顔に不安がよぎるのを私は見逃しませんでした。

表情が一変したソルジャーはそこらじゅうの人に関宿や妻沼の連絡の仕方や、どこに降りるのかを聞いていました。

みんなは面白がって、AランとBランのあいだには溝があって間違えると落ちちゃうよ、だとか、第1滑空場と第2滑空場の間のグランドがベースだとか、ノーテンキなことばかりで、ソルジャーはますます不安の面持ちでした。

3月20日当日。
8:30飛行場、9時離陸という予定でしたが、緊張して早起きのソルジャーによって8時には機体のカバーがはずされ、準備が進んでいました。
当日になり突然、関宿→妻沼→氏家(鬼怒川)の予定が、関宿→鬼怒川→妻沼に予定変更され、ソルジャーが前もって作っておいた航法計画は水泡に帰してしまいました。

「あれが利根川だから、あの先かな?」とブツブツ言うソルジャーに「関宿って江戸川だよ」と茶化す私。最後のベースでの鉄塔が怖いと言いながら、関宿へ着陸。
関宿にはすでに三科が待っていてくれて、作業は約30分で終了。

やっと関宿についてホッとするソルジャー。
Image1

整備作業では出る幕のないソルジャー。

Image2_2

さて、次のコース。関宿から鬼怒川。
「北へ飛んで、鬼怒川を左に見ながら飛べば、鬼怒川滑空場ですね。」と一人納得するソルジャー。離陸すると、それなりに忙しいもので、関宿との挨拶、宝珠花のグライダーのケアー、インフォメーションへのフライトプランのオープンと次々にやらなければならないことがあります。そのうちにヘディングがあさっての方向へ、高度はハチャメチャに・・・ソルジャーは必死です。
やっと落ち着いた頃には、「ここはどこ?」状態でした。

それでも、下妻や下館を見ながら北上。やがて左に宇都宮を見ながら、鬼怒川滑空場を探しています。そうこうする間に、東北新幹線の橋が見えてきて、「アレー、行き過ぎちゃった」と大慌てのソルジャー。
初めての滑空場ってわかりにくいですよね。レフトダウンウインドでは完全に滑空場を見失い、大慌てのソルジャーでした。
鬼怒川滑空場では加藤さんの粋な計らいでソルジャーは初ウインチ、初ASK21を体験できました。 ちゃっかりサーマルに乗っかって30分ぐらい飛んでいました。

最終コース、鬼怒川滑空場から妻沼滑空場。
このコースは頼りになる利根川も鬼怒川もありません。ソルジャー必死。やっと館林の先で利根川を見つけると、「利根川を見ると安心しますね。これに沿っていけば帰れますもんね~~」と安心な表情のソルジャー。

妻沼にも無事着陸。
最終コースの妻沼-大利根。
追い風に乗って、グランドスピード120ktで帰りました。
妻沼で最終コースのフライトプランを入れるソルジャー。
Image3
一日中、東京インフォメーションのおねーさんとフライトプランを入れていて、「はいはい、コースは妻沼場外から大利根場外ですね。連絡先はわかっていますから結構ですよ」などと言われたそうです。

緊張の初めてのお使いは無事終了しました。



(写真、文 / 中澤愛一郎)


|

2017年3月22日 (水)

3月22日(水曜日) 3連休ダイジェスト版

◆3月18日(土曜日)

風はやや難しいものの、天気にも恵まれた3連休はのんびりムードでスタートです。
まずは今日の一番機。長屋さんのお見送りに背筋も伸びる猿楽さん。
Th_img_1130

大気は活発に対流しています。準備されたASK13に群がるメンバー。
Th_img_1131

春ですね。大利根近くの土手道は菜の花がたくさん咲いてキレイです。
Th_img_1158

耐空検査を終えたセスナC172(JA3946)がお化粧直ししてカッコよくなりました。
Th_img_1132

長屋さんは午後から、このセスナでご家族と名古屋へお出かけです。
ナイトを楽しんで一泊して、お墓参りして明日ご帰還の予定です。いいですね〜!!

◆3月19日(日曜日)

予め告知させていただいたとおり、けいぶん氏はじめ有志の音頭とりで恒例のバーベキューが行われました。
食べて飛んで、大いに賑わった会場の様子をどうぞ。
(画像提供:増井プロ)
Th_img_4166

豪華です!
Img_4153

これまたお約束、愛さんの焼きそばタイム。
Photo

現地の雰囲気は、増井さんの全球画像で。ぜひマウスでグリグリしてお楽しみください!

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

某法律家と法律談義を楽しむ(?)モグジーさん。
Photo_2


◆3月20日(日曜日)

コレまた穏やかな大利根です。
春霞に覆われて、遠くはモヤモヤ。ナビもエアワークも実にやりにくい季節です(笑)。
昨日に続いて今日も熱烈訓練中の尾島さんは、仕上げのエアワークに挑みます。
活発な対流のなかで果敢に挑戦していました。
一方、こちらも最近メキメキ安定感を増している青山さん。
Th_img_1164

みんな車で通ってくる大利根に、時々あるきれいなママチャリ。
どうやら中田さんもご登場のようです。
Th_img_1169

なお本日はソルジャが愛さんのお共で、あちこちの滑空場へ「初めてのお使い」に行きました。
詳しい様子は次回ご紹介しますね。

◆間違い探し

さて、クラブハウスでよく見かける光景。
一箇所、おかしいところがあるのですが・・・わかりますか?

Th_img_1172

答え:スリッパが外にある。(しかもキレイにそろえてある)

スリッパのままウッドデッキに出るのは何となく理解できますが・・・
室内に入る時は、ついつい履物をぬいじゃうんですよね。日本人ですね〜(笑)

という訳で、今週も愉快に過ごした大利根近況をお伝えしました。

(担)

|

2017年3月17日 (金)

3月17日(金曜日)愛さんより

◆あれから1年

中澤です。
早いもので、JA50KMの事故から1年が過ぎようとしています。
事故当日からその後、飛行が再開されるまでの激動の時間がついこの間のような気がします。
本当に残念なことに貴重な仲間を失ってしまいました。
我々は2度と事故を起こさないように注意深く、安全な飛行を目指し、空を飛ぶ楽しさを追求してゆきます。

やっと、長い冬も終わりました。
ゲンキンなもので、ついこのあいだまで茶色だった草も見る間に緑になり、元気に伸び始めています。

10数年ぶりに復活したRF4DとASK14も順調に飛び始めています。
飛行場は楽しい雰囲気を維持しつつ、安全なフライトに勤めています。

グライダーの仲間たちは、啓蟄のようにぬくぬくと起き出し、グライダーの準備にとりかかっています。
今年からDG800Bも仲間に増えました。

今年4月から、グライダーのライセンスを取得するために、クラブのグライダー部門が指定養成施設になります。
実地試験が日曜日に行えると言うだけのもので、特に訓練内容が変わるわけではありませんが、よりスケジュールが調整しやすくなり、グライダーのライセンスが取りやすくなります。

事故から1年が過ぎ、現在のクラブの活動をお知らせするとともに、亡くなられた仲間たちのご冥福をお祈りいたします。


日本モータグライダークラブ
代表 中澤愛一郎


|

«3月16日(木曜日)